スポンサーリンク

iPhoneやMacをWi-FiやBluetoothに接続する方法まとめ

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定, Macの設定

iPhoneやiPad、MacなどのApple製品を初めて使う人は、操作方法に慣れるまで少し苦労しますよね。

使い慣れてしまえばこんなに使い勝手のいい、ユーザーのことを考えたスマホやパソコンはな無いので、慣れるまでの辛抱です!

さて、話は変わりますが、iPhoneやiPad、Macを使う上で最初に設定すべきものは「Wi-Fi」です!

そして、これから先使う可能性が非常に高い「Bluetooth」の接続設定も知っておいた方が良いでしょう。

今回は、Apple製品にまだ慣れていない人のために、iPhoneやMacをWi-FiやBluetoothに接続する方法についてご紹介します。

合わせて読みたい

 

こんな人には参考になるかも

  • iPhone初心者の人
  • Mac初心者の人
  • Wi-FiやBluetooth接続方法について知りたい人

 

スポンサーリンク

iPhoneやiPadをWi-Fiに接続する方法

iPhoneやiPadをWi-Fiに接続すると、YouTubeなどで動画や音楽が見放題になります。

Wi-Fiとはご自宅のインターネットを「Wi-Fiルーター」という機器を使い見えない電波でiPhoneやiPadにインターネットを繋げるものです。

カフェなどで使える無料のWi-Fiも、カフェの店舗で貰う「接続用のパスワード」を使ってインターネットに接続することができます。

Wi-Fiを使ってインターネットをするには、「Wi-Fiの電波名」とWi-Fiを使うための「パスワード」が揃って初めてインターネットを使うことができるようになるというわけです。

今回はiPhoneやiPadをWi-Fiに接続する方法ですが、既にインターネットの契約をしていて、Wi-Fiルーターも設定してある状態での接続方法をご紹介していきます。

iPhoneのWi-Fi設定から接続する

iPhoneやiPadのWi-Fi設定で、一番確実なのが「iPhoneの設定項目」からWi-Fi設定をすることです。

①、ホーム画面から【設定】をタップし、設定項目から【Wi-Fi】を選択します。

②、Wi-Fi設定画面の一番上にある【Wi-Fiのオン/オフ】を緑色に変更します。

Wi-Fiをオンに変更すると、近くで飛んでいるWi-Fiの電波名が表示されますので、接続したいWi-Fi名を選択します。

③、接続したいWi-Fi名をタップすると、Wi-Fiを接続するための【パスワード】入力を求められます。

④、パスワード入力が完了すると、Wi-Fi画面の一番上に接続したWi-Fi名が表示され、レ点チェックが付きます。

これでWi-Fi接続は完了です。

注意点
接続用のパスワードは、Wi-Fiルーターの底面または側面にある「暗号化キー」または「Pass Key」と書いてあるところに記載されています。

 

 

iPhoneのコントロールパネルからWi-Fiに接続する

次に、「コントロールパネル」からWi-Fiに接続する方法をご紹介します。

コントロールパネルの開き方はiPhoneの端末の種類(シリーズ)によって若干の違いがあります。

iPhone8までの端末の場合

iPhone8までの端末で、コントロールパネルからWi-Fiに接続する方法をご紹介します。

①、まずはホーム画面で下から画面を持ち上げるようにスライドします。

②、コントロールパネルが表示されましたら、【Wi-Fiマーク】をタップし、青色に変更します。

※一度接続設定をしてあるWi-Fiは、ここでWi-Fiマークを青色にすると自動的に接続されます。

iPhoneX以降の端末の場合

次に、iPhoneX以降の端末で、コントロールパネルからWi-Fiに接続する方法をご紹介します。

①、まずはホーム画面で「バッテリーマーク」の辺りから下に画面をスライドします。

②、コントロールパネルが表示されましたら、【Wi-Fiマーク】をタップし、青色に変更します。

一度接続設定をしてあるWi-Fiは、ここでWi-Fiマークを青色にすると自動的に接続されます。

iPhoneやiPadをBluetoothに接続する方法

Bluetoothとは、目に見えない電波信号のことです。

ラジコンとリモコンで想像していただくと分かりやすのですが、リモコンがiPhone、ラジコンがBluetooth対応機器の「ワイヤレススピーカー」や「ワイヤレスプリンター」だと思ってください。

リモコンで送信した信号をラジコンが受信し、送信された情報を元にラジコンが動くという感じです。

Bluetoothの良いところは、「ワイヤレス」であることです!今までは有線でイヤホンを繋いだり、プリンターと繋がないと出来なかったことが、Bluetoothを使いワイヤレスになると、線がなくても動いてくれるので、スッキリしてスタイリッシュに使うことができます。

というわけで、ここからはiPhoneやiPadをBluetoothに接続する方法をご紹介していきます。

iPhoneのBluetooth設定から接続する

iPhoneやiPadをBluetoothに接続方法として、一番確実なのが「Bluetooth設定」から接続する方法です。

①、まずはホーム画面から【設定】をタップします。

②、次に、設定画面にある【Bluetooth】をタップします。

③、まずはBluetooth接続機器の電源を起動し、受信待機状態にします。

Bluetooth設定画面の一番上にある【Bluetoothオン/オフ】を緑色にします。

次に、接続したいBluetooth機器の名前をタップします。今回は私が持っているBluetoothスピーカー「Sound Core mini」に接続します。

④、Bluetooth接続機器名の横に「接続済み」が表示さたら接続完了です。

注意点

Bluetooth接続機器をタップすると、「接続用のパスワード」を求められる場合があります。

接続用のパスワードはBluetooth機器の説明書に記載されていますのでご確認ください。

 

iPhoneのコントロールパネルからBluetoothに接続する

上記の手順でBluetooth接続を完了すると、次回からは自動的にBluetooth接続をしてくれるようになります。

次回からの接続は「コントロールパネル」から接続するのが便利です。

「コントロールパネル」の表示方法は、iPhoneの端末の種類(シリーズ)によって若干の違いがありますので、それぞれ分けて見ていきましょう。

iPhone8までの端末の場合

iPhone8までの端末の場合、まずはホーム画面で下から画面を持ち上げるようにスライドします。

コントロールパネルが表示されましたら、【Bluetoothマーク】をタップし、青色に変更します。

一度接続設定をしてあるBluetooth機器は、ここでBluetoothマークを青色にすると自動的に接続されます。

iPhoneX以降の端末の場合

iPhoneX以降の端末の場合、まずはホーム画面右上にある「バッテリーマーク」辺りから下にスライドします。

コントロールパネルが表示されましたら、【Bluetoothマーク】をタップし、青色に変更します。

※一度接続設定をしてあるBluetooth機器は、ここでBluetoothマークを青色にすると自動的に接続されます。

Bluetoothが接続されたかを確認する

「コントロールパネル」からBluetoothを接続した後は、必ずウィジェット項目からBluetoothに接続されたかを確認しましょう。

ウィジェット項目の確認は、ホーム画面を左から右にスライドし、一番左側のページを表示します。ここがウィジェットの画面です。

ウィジェット項目にある【バッテリー】項目に、Bluetooth機器の名前が表示されていれば接続完了です。

注意点
ウィジェット項目に「バッテリー」項目がない場合は、ウィジェット画面の【編集】をタップし、バッテリー項目を追加してください。

 

MacをWi-Fiに接続する方法

続いては、MacをWi-Fiに接続する方法をご紹介します。

Macはパスコンなので、Wi-Fi環境は絶対に必要なものです。WindowsからMacに乗り換えた人や、パソコン初心者の人は初めにWi-Fiの設定からやってみましょう。

また、Wi-Fiを使うためにはインターネットの契約と、Wi-Fiルーターの設定が必要となります。

今回は、インターネットの契約済で、既にWi-Fiルーターの設定も完了してある状態でのWi-Fi接続の方法をご紹介していきます。

Macのシステム環境設定からWi-Fiに接続する

MacをWi-Fiに接続するには、「システム環境設定」から接続するのが一番です。

Macの画面左上にある【リンゴマーク】をクリックし、【システム環境設定】を選択します。

システム環境設定を開きましたら、【ネットワーク】をクリックします。

ネットワークの画面が開きましたら、左側項目にある【Wi-Fi】選択し、右側項目にある【Wi-Fiをオンにする】をクリックしてWi-Fiをオンの状態にします。

【ネットワーク名】をクリックし、接続したいWi-Fiの電波名を選択します。

私は事前にWi-Fiルーターの設定で電波名「PC-Room-A」と分かりやすく変更していますが、Wi-Fiルーターの電波名を変更していない場合Wi-Fi電波名はアルファベットと数字の羅列になっており、Wi-Fiルーターの底面または側面にある「SSID」というところに電波名が表示されています。

接続したいWi-Fiの電波名を選択すると、「接続用のパスワード」の入力を求められます。

接続用のパスワードを入力しましたら、【このネットワークを記憶】にレ点チェックを入れ、【接続】をクリックします。

注意点
接続用のパスワードは、Wi-Fiルーターの底面または側面にある「暗号化キー」または「Pass Key」と書いてあるところに記載されています。

 

ネットワーク名に接続したいWi-Fi名が表示されていれば接続完了です。

また、画面下部にある「メニュバーにWi-Fiの状態を表示」にレ点チェックを入れておくと、Macの画面右上に「Wi-Fiマーク」が表示されるので便利です。

最後に【適用】をクリックし、Wi-Fiの接続設定は完了です。

MacのメニューバーからWi-Fiに接続する

上記の方法でWi-Fi設定をすることが一番確実なのですが、下記の画像のように、Macの画面左上のメニューバーに「Wi-Fiマーク」がある場合は、ここからもWi-Fiの接続設定をすることができます。

まずはMacの画面左上にある【Wi-Fiマーク】をクリックし、接続したいWi-Fi目の電波名を選択します。

私は事前にWi-Fiルーターの設定で電波名「PC-Room-A」と分かりやすく変更していますが、Wi-Fiルーターの電波名を変更していない場合Wi-Fi電波名はアルファベットと数字の羅列になっており、Wi-Fiルーターの底面または側面にある「SSID」というところに電波名が表示されています。

【接続用のパスワード】を求められるので、Wi-Fiルーター底面または側面にある「SSID」というところに接続用のパスワードが記載されていますので入力します。

入力が終わりましたら、「このネットワークを記憶」にレ点チェックを入れておくと、次回からはパスワード入力なしで接続することができます。

最後に、【接続】をクリックして接続設定完了です。

MacをBluetoothに接続する

iPhoneやiPadをBluetoothに接続する設定でも書きましたが、Bluetoothとは、目に見えない電波信号のことです。

ラジコンとリモコンで想像していただくと分かりやすのですが、リモコンがMac、ラジコンがBluetooth対応機器の「ワイヤレススピーカー」や「ワイヤレスプリンター」だと思ってください。

リモコンで送信した信号をラジコンが受信し、送信された情報を元にラジコンが動くという感じです。

Bluetoothの良いところは、「ワイヤレス」であることです!今までは有線でイヤホンを繋いだり、プリンターと繋がないと出来なかったことが、Bluetoothを使いワイヤレスになると、線がなくても動いてくれるので、スッキリしてスタイリッシュに使うことができます。

せっかくかっこいいMacなので、周りの周辺機器が線でごちゃごちゃするよりは、Bluetoothでワイヤレスにしておいたほうがスタイリッシュでかっこいいですよね。

というわけで、ここからはMacをBluetoothに接続する方法についてご紹介していきます。

Macのシステム環境設定からBluetoothに接続する

MacをBluetoothに接続する方法として、代表的なのが「システム環境設定」から接続する方法です。

まずはMacの画面左上にある【リンゴマーク】をクリックし、【システム環境設定】を選択します。

システム環境設定を開きましたら、【Bluetooth】をクリックします。

Bluetoothの設定画面が開きましたら、Bluetooth接続機器の電源を起動し、受信待機状態にします。

次に、Bluetooth接続画面の左側項目にある【Bluetoothのオン/オフ】をオンにし、右側項目にある接続したいBluetooth機器名の横にある【接続】をクリックします。

接続したいBluetooth機器に「接続済み」が表示されたら接続完了です。

最後に、画面下部にある「メニューバーにBluetoothを表示」にレ点チェックを入れておくと、メニューバーからBluetooth接続のオン/オフを切り替えることができるので便利です。

注意点

Bluetooth接続機器をタップすると、「接続用のパスワード」を求められる場合があります。

接続用のパスワードはBluetooth機器の説明書に記載されていますのでご確認ください。

 

MacのメニューバーからBluetoothに接続する

Mac画面の右上にあるメニューバーに「Bluetoothマーク」が表示されている場合は、ここからもBluetoothの接続を設定することができます。

まずはメニューバーにある【Bluetoothマーク】をクリックし、接続したいBluetooth機器名を選択します。

接続したいBluetooth機器名を選択すると、【接続】が表示されますのでクリックします。

これでBluetooth接続設定は完了です。

注意点

Bluetooth接続機器をタップすると、「接続用のパスワード」を求められる場合があります。

接続用のパスワードはBluetooth機器の説明書に記載されていますのでご確認ください。

 

 

逆に、Bluetooth接続をオフにしたい場合は、もう一度【Bluetoothマーク】をクリックし、現在接続しているBluetooth機器名を選択します。

【接続解除】をクリックすると接続が解除されます。また、【Bluetoothをオフにする】でも接続を解除することができます。

今回のまとめ

今回は、Apple製品にまだ慣れていない人のために、iPhoneやMacをWi-FiやBluetoothに接続する方法についてご紹介しました。

Apple製品は使い慣れたら最高の相棒になりますので、最初は使い方が分からず触るのも怖いかもしれません。

ですが、少しづつで良いので、できることを増やしていきApple製品を好きになっていただけたらと思います。

まずはWi-FiやBluetoothの接続をマスターしてみてください。

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定, Macの設定

Posted by シマ