スポンサーリンク

iPhoneやMacをWi-Fiに接続する方法まとめ

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定, Macの設定

前回、iPhoneやiPad、MacをWi-Fiに接続する方法についての記事を書きました。

普段何気なく使っているiPhoneやMacですが、Wi-Fi接続の方法って意外と知らない人が多いようです。

今回はそのまとめとしてiPhoneやiPad、MacをWi-Fiに接続する方法を一気にご紹介します。

合わせて読みたい

 

こんな人には参考になるかも

  • iPhoneやiPadでWi-Fiの接続方法を知りたい人
  • MacでWi-Fiの接続方法を知りたい人

スポンサーリンク

iPhoneやMacで使うWi-Fiについて

iPhoneやMacで使うWi-Fiとはそもそも何なのか、まずそこについて簡単にご紹介します。

Wi-Fiとは、家庭用のインターネットをWi-Fiルーターという機械を使い、iPhoneやiPad、Macで受信して使えるようにしたものです。

大前提の話ではありますが、Wi-Fiを使うには大元であるインターネットを提供している会社と、インターネットを使えるように仲介してくれる会社(プロバイダ)との契約が必要となります。

インターネットを提供している会社とは、有名な所だと「NTTやケーブルテレビ」などです。

インターネットを使えるように仲介してくれる会社(プロバイダ)とは、有名な所だと「OCNやSo-net」などです。

この2社が揃って初めてインターネットを使うことができます。使えるようになったインターネットを電波として送信するのが「Wi-Fiルーター」というわけです。

今回は既にインターネット会社と、プロバイダの契約が済んでいる状態で、Wi-Fiルーターの初期設定も終わっている状態でのWi-Fi接続についてご紹介していきます。

iPhoneやiPadをWi-Fiに接続する方法

それでは早速iPhoneやiPadでWi-Fiに接続する方法を見ていきましょう。

①、ホーム画面から【設定】をタップし、設定内にある【Wi-Fi】をタップします。

②、次に、画面上部にあるWi-Fiの切り替えスイッチが白の場合は緑に変更します。

Wi-Fiのマークが緑になりましたら、接続したいWi-Fiの名前(電波の名前)をタップします。

今回私は、事前にWi-Fiルーターの設定で電波電波の名前を分かりやすいものに変更していますが、Wi-Fi電波の名前は初期状態だとアルファベットと数字の羅列で構成されています。

Wi-Fi電波の名前は、Wi-Fiルーター底面または側面の「SSID」と記載されている所に書いてあります。

③、接続したいWi-Fi電波の名前をタップすると、Wi-Fi電波を使うためのパスワードを求められるので入力します。

Wi-Fi電波のパスワードは、Wi-Fiルーター底面または側面の「暗号化キー」または「Pass Key」など記載の場所に書いてあります。

④、Wi-Fi電波のパスワードを入力すると、Wi-Fi電波の名前が一番上に表示され、レ点チェックが付きます。

この状態になればWi-Fi接続完了です。

合わせて読みたい

 

MacをWi-Fiに接続する方法1

次はMacをWi-Fiに接続する方法について見ていきましょう。

まずはMac画面左上にある【リンゴマーク】をクリックし、【システム環境設定】をクリックします。

次に、システム環境設定内にある【ネットワーク】をクリックします。

ネットワークに入りましたら、左側項目から【Wi-Fi】を選択し、右側項目から【Wi-Fiをオンにする】をクリックします。

※既にWi-Fiがオンになっている場合は次に進んでください。

【ネットワーク名】をクリックし、接続したいWi-Fi電波の名前を選択します。

今回私は、事前にWi-Fiルーターの設定で電波電波の名前を分かりやすいものに変更していますが、Wi-Fi電波の名前は初期状態だとアルファベットと数字の羅列で構成されています。

Wi-Fi電波の名前は、Wi-Fiルーター底面または側面の「SSID」と記載されている所に書いてあります。

接続したいWi-Fi電波の名前をタップすると、Wi-Fi電波を使うためのパスワードを求められるので入力します。

Wi-Fi電波のパスワードは、Wi-Fiルーター底面または側面の「暗号化キー」または「Pass Key」など記載の場所に書いてあります。

今回接続したWi-Fiの電波を今後も使う場合は必ず「このネットワークを記憶」にレ点チェックを入れてから【接続】をクリックしてください。

ネットワーク名に接続したいWi-Fi電波の名前が表示されていれば接続完了です。

因みに、画面下の方にある「メニューバーにWi-Fiの状況を表示」にチェックを入れておくと、Macの画面左上に「Wi-Fiマーク」が表示され、そこからWi-Fiのオン/オフを切り替えることができるようになります。

接続が完了しましたら、最後に【適用】をクリックしてください。

合わせて読みたい

 

MacをWi-Fiに接続する方法2

次はMacの画面左上に、既に「Wi-Fiマーク」が表示されている場合の接続方法です。

まずは左上にある【Wi-Fiマーク】をクリックします。

次に、接続したいWi-Fi電波の名前を選択します。

何度も書いてしつこいようですが、今回私は事前にWi-Fiルーターの設定で電波電波の名前を分かりやすいものに変更していますが、Wi-Fi電波の名前は初期状態だとアルファベットと数字の羅列で構成されています。

Wi-Fi電波の名前は、Wi-Fiルーター底面または側面の「SSID」と記載されている所に書いてあります。

接続したいWi-Fi電波のマークをクリックすると、Wi-Fiを使うためのパスワードを聞かれますので入力します。

こちらも何度も書いてしつこいですが、Wi-Fi電波のパスワードは、Wi-Fiルーター底面または側面の「暗号化キー」または「Pass Key」など記載の場所に書いてあります。

今回接続したWi-Fiの電波を今後も使う場合は必ず「このネットワークを記憶」にレ点チェックを入れてから【接続】をクリックしてください。

今回のまとめ

今回は、前回ご紹介したiPhoneやiPad、MacをWi-Fiに接続する方法をについてのまとめをご紹介しました。

元々AndroidユーザーからiPhoneユーザーになった人や、WindowsからMacに切り替えた人など、Apple製品は意外と使い慣れるまでに時間がかかります。

今回ご紹介したWi-Fiの接続方法だけではなく、iPhoneやiPad、Macの設定方法は沢山ありますので、使い慣れるまで私のホームページでご紹介している他の記事も参考にしてみてください。

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定, Macの設定

Posted by シマ