スポンサーリンク

iPhoneやiPadをマナーモードに切り替える方法

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定

Android(アンドロイド)や折りたたみ式携帯(ガラケー)からiPhoneに乗り換えたばかりの人はiPhoneやiPadのマナーモーのへの切り替え方法が分からず困ることがあります。

結論から言うと、iPhoneは端末の左側面にある「着信/サイレントスイッチ」を切り替えるだけでマナーモードにすることができます。

iPadの場合は「着信/サイレントスイッチ」が無いので端末の右側面にある音量スイッチの下ボタンを長押しで、完全に音を小さくすることでマナーモードに切り替えることができます。

とても簡単なことですが、初めてiPhoneやiPadを触る人はこの「着信/サイレントスイッチ」の場所が分からず困ることがあるようです。

ということで今回は、iPhoneやiPadをマナーモードに切り替える方法についてご紹介します。

合わせて読みたい
こんな人には参考になるかもテキスト

 

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのマナーモード切り替えスイッチ

画像出典:Apple公式ページ

先ほども冒頭でご説明しましたが、iPhoneをマナーモードにする場合は、端末の左側面にある「着信/サイレントスイッチ」を切り替えることでマナーモードに切り替えることができます。

初代iPadやiPad2など「ビンテージ製品、オブソリート製品」と呼ばれる昔の端末にはiPhoneと同じく「着信/サイレントスイッチ」がありましたが、最近のiPadには「着信/サイレントスイッチ」がありません。

そのため、iPadでマナーモードにする方法は、端末の右側面にある音量スイッチの下ボタンを長押しで、完全に音を小さくすることでマナーモードに切り替えることができます。

 

iPhoneのマナーモード切り替えスイッチ

下記の画像はiPhone端末の左側面を写した写真です。

左側面には音量上げ下げのスイッチがあるのですが、その上にマナーモードに切り替えるための「着信/サイレントスイッチ」があります。

このツマミを切り替えることでマナーモードになるのですが、ツマミを切り替えてオレンジ色が見えている状態がマナーモードの状態です。

画像出典:Apple公式ページ

iPhoneをマナーモードにすると、着信音や通知音はなりませんが、その他のサウンド(iTunesの音楽やゲーム、アラームなど)はスピーカーから再生されます。

また、「着信/サイレントスイッチ」でマナーモードに切り替えたとしても、作用するのはiPhoneのスピーカーのみです。

ヘッドホン(イヤホン)を接続している状態の時はマナーモードであっても着信音や通知音がヘッドホンから再生されます。

iPhone が消音モードに設定されている場合は、着信音や通知音は鳴りませんが、その他のサウンドは iPhone のスピーカーから再生され、iPhone が振動します。

これらの設定は iPhone のスピーカーにのみ作用します。ヘッドセットをお使いの場合は、iPhone が消音モードに設定されていても、ヘッドセットでサウンドが再生されます。

引用元:Apple公式ページ

 

Appleの公式ページにも記載がありますが、「その他のサウンドは iPhone のスピーカーから再生され、iPhone が振動します。」この内容だとマナーモードに設定中は着信音と通知音以外のサウンドはスピーカーから再生されるので、ゲームアプリの音はマナーモードでも再生されるはずです。

ですが、実際には、マナーモード中のゲームアプリは音が再生されませんよね?

この答えはYahoo!知恵袋に答えがありました。

サウンドオンオフスイッチと言うものがあって、そのスイッチの状態をアプリに知らせる機能があるだけです。知らされたアプリがどうするかはそのアプリに全て任されています。

アップルは、電話やメールのように他人のきっかけで音が鳴る可能性のあるものはスイッチがオフの時は鳴らさない、アラームやミュージックのように自分が音が鳴る事を知っていて操作したものはそのまま鳴らすと言う判断をしているように見えます。

サードパーティーのアプリもそれぞれの判断基準で、自分で判断しています。

引用元:Yahoo!知恵袋

 

つまり、「着信/サイレントスイッチ」をオンにすると他人からの不意な着信音や通知音は鳴らさないけれど、iPhoneを操作しているユーザーが、意図的に操作しているiTunesやゲームアプリ、アラームなどはユーザーが音を出しても良い状況であると判断しスピーカーから音を出す仕組みになっているようです。

iPhoneアプリを提供している会社(サードパーティー)のアプリは、それぞれの判断基準で「着信/サイレントスイッチ」がオンになっていても音を出すか出さないかを決めているようです。

なので、アプリによっては「着信/サイレントスイッチ」がオンになっていてもスピーカーから音が出るものと出ないものがあります。

 

マナーモードでもバイブレーションを振動させる

iPhoneを「着信/サイレントスイッチ」でマナーモード状態でも、バイブレーションだけは機能するように設定することができます。

ホーム画面から【設定】>【サウンドと触覚】をタップし、「サイレントスイッチ選択時」の設定をオン(緑色)にします。

逆に、マナーモード中はバイブレーションも止めておきたい場合は設定をオフ(白色)にしてください。

 

iPadをマナーモードに切り替える

iPadには「着信/サイレントスイッチ」がありません。

「ありせん!」と断言すると語弊がありますので、詳しくご説明しますと、「ビンテージ製品、オブソリート製品」と呼ばれる昔のiPadにはiPhoneと同じく「着信/サイレントスイッチ」がありました。

しかし、最近のiPadにはこのスイッチがありません。その代わり、iPad右側面にある音量の下げるボタンを長押しで、一番最小音量にするとマナーモードと同じ効果になります。

ただし、iPadの場合はマナーモード状態にするとアラームやゲームなどのスピーカーを使うものが全ての再生されない状態になります。

なので、「通知音は鳴らないようにしたいけれどアラームは鳴るようにしたい!」という場合はアプリごとの通知設定をオフにし、音量を上げて音が出る状態にしておく必要があります。

アプリ毎の通知音を設定する方法は、iPadのホーム画面から【設定】>【通知】をタップし、「通知音を設定したいアプリ」をタップします。

通知音を設定したいアプリをタップすると、通知設定の画面が表示されますので、「サウンド」の項目がオン(緑色)からオフ(白色)に変更します。

これで通知が来ても音が鳴らないようになります。

合わせて読みたい

 

今回のまとめ

今回は、iPhoneやiPadをマナーモードに切り替える方法についてご紹介しました。

iPhoneやiPadをマナーモードに切り替える場合は、今回ご紹介した方法を試してみてください。

また、マナーモードにしているにも関わらず着信音や通知音が鳴る場合は、こちらの記事で解決できる可能性がありますので参考にしてみてください。

合わせて読みたい
 こちらもどうぞ

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定

Posted by シマ