スポンサーリンク

【iPhone】iPhoneを探すを使ってパスコードロックを解除する方法

2019年7月21日パスコード関係初期化, パスコード関係

iPhoneのソフトウェアアップデートや、電源再起動時にパスコードを求められ、複数回間違えると下の画像のようにパスコードがロックされます。これを俗にいう「パスコードロック」と言います。

普段Face ID(顔認証)やTouch ID(指紋認証)を設定している場合はパスコードを入力する機会が減り、パスコードの番号を忘れてしまうこともあります。

このパスコードを忘れてしまうとiPhoneの画面に入れず、番号の入力間違えの回数が増えるたびに再入力できるまでの時間が伸びていきます。最終的には「1時間後にやり直してください」という内容の表示が出ますが、1時間も待てませんよね?というか1時間経っても、ここまで何度も間違えたので思い当たる節もありませんよね?

このパスコードロックに悩んでいる方は本当に多く、解決方法はありますが、結論から言うとiPhoneを初期化するしか方法はありません。

iPhoneの初期化方法はパソコンのiTunesを使い初期化するのが一般的ですが、パソコンを持っていない場合の対処法もあります。それがパスコードロック中の端末とは別のApple端末(iPhone、iPad、iPod touch)から遠隔で初期化をする方法です。

パスコードロック中の端末とは別のApple端末がない場合はこちらの記事で解決に繋がるかもしれません。

iCloudからiPhoneを探すを使ってパスコードロックを解除する方法

と言うことで今回は、パスコードロックがかかった端末を、別のiPhoneやiPadから「iPhoneを探す」を使って遠隔で初期化する方法をご紹介します。

こんな方には参考になるかも

  • パスコードのロックが解除できず初期化したい方
  • パソコンを持っていないのでiTunesでリカバリーモードや復元(初期化)ができない方
  • iTunesで初期化を試したがエラーなどで初期化できなかった方

スポンサーリンク

iPhoneを探すを使ってパスコードロックを解除する具体的な方法

パスコードロック中の端末とは別のApple端末から「iPhoneを探す」を使って遠隔で初期化すると、パスコードも初期化されるので、結果的に解除される状態になります。

ただし、iPhoneを探すを使って遠隔で初期化するにはいくつかの条件があります。

 iPhoneを探すを使って初期化できる条件
  1. パスコードロック中の端末にサインインしているApple IDとパスワードが分かること
  2. ネットワーク環境があること
  3. 別のApple端末(iPhone、iPad、iPod touch)があること。パスコードロック中のiPhoneやiPadと同じApple IDでサインインしてある端末が一番いい。

iPhoneを探すを使って遠隔で初期化する場合、最初にApple IDとパスワードが必要になります。

Apple IDが分からない場合はApple IDの復旧ページで心当たりのあるアドレスなどを入れて探してみましょう。Apple IDのパスワードが分からない場合は下記の記事でApple IDのパスワード変更方法をご紹介しています。

Apple IDのパスワード変更を自力でやる簡単な方法まとめ

次にネットワーク環境が必要です。パスコードロック中の端末もそうですが、iPhoneを探すを使う側の端末もインターネットに繋がっている必要があるので、Wi-Fi環境などが必要になります。携帯会社の電波を掴めるSIMカードがどちらの端末にも入っている場合はWi-Fiが無くても大丈夫です。

最後に、パスコードロック中の端末とは別のApple端末(iPhone、iPad、iPod)が必要になります。Apple IDのセキュリティの種類によっては同じアカウントでサインインしている端末が必要になる可能性もあります。

Apple IDのセキュリティは現在2ファクター認証になっている方がほとんどです。

2ファクター認証とは、Apple IDにサインインする際に確認コードという6桁のコードが「信頼のできるデバイス(端末)」または「信頼のできる電話番号」に送られる認証方式です。

パスコードロック中の端末は、この確認コードを受信しても画面上に表示されないので同じApple IDでサインイン済みの端末が必要になります。Apple IDの種類が2ファクター認証でない場合は大丈夫ですが、進めていく上で確認コードを求められ、パスコードロック中の端末と同じApple IDでサインイン済みの端末がない場合はパソコンのiTunesを使って初期化するしか解決方法はありません。

パソコンをお持ちでない場合は、家族や友人のパソコンを借りるか、Apple Storeや、Appleの正規代理店(カメラのキタムラやビッグカメラ)などに駆け込みましょう。

【iPhone】iTunesで復元をしてパスコードロック解除をする方法

【iPhone】パスコードロックをリカバリーモードで解除する方法

iPhoneを探すを使ってパスコードロックを解除する手順

では、ここからは「iPhoneを探す」を使ってパスコードロックを解除(初期化)する手順をご紹介していきます。

まずはパスコードロック中のiPhoneやiPad以外のApple端末から「iPhoneを探す」のアプリを見つけます。

iPhoneを探すのアプリはApple端末なら必ず入っています。絶対にないことはありません!絶対にありますので探して下さい!

iPhoneを探すを開きましたら、最初にApple IDとパスワードを入力する画面が表示されます。

ここで、パスコードロック中の端末でサインインしているApple IDとパスワードを入力し、【サインイン】を押します。

入力したApple IDとパスワードに間違いなければ下の画像のようなコンパスの画面が表示されます。

コンパスの画面が表示されず、確認コードを入力する画面が表示された場合は、Apple IDのセキュリティーが2ファクター認証になっている証拠です。同じApple IDとパスワードでログインしている端末がない場合は、パソコンのiTunesを使って初期化を試して下さい。

確認コードでは無く、生年月日や秘密のセキュリティー質問と答えを求められる場合は入力して下さい。

iPhoneを探すにサインインできましたら、下のような画像の画面が表示されます。

ここで、パスコードロック中の端末を選択して下さい。

パスコードロック中の端末を選択すると、画面下に表示される【アクション】を押して下さい。

アクションを押すと、画面下表示される【iPhoneを消去】という項目を押します。

「このiPhoneを消去しますか?」という画面が表示されましたら、【iPhoneを消去】を押します。

ここでもう一度パスコードロック中の端末にサインインしているApple IDのパスワードを求められるので、入力して【消去】を押します。

電話番号は入力せず【次へ】を押します。

メッセージは未入力でも構いませんが、何か入力しないと先に進めない場合もあるので、適当に何か入れて【完了】を押します。

「消去を開始しました」という画面が表示されましたら【OK】を押します。後はパスコードロック中の端末の初期化が始まりますのでしばらく待ちます。

「iPhoneを探す」を使って遠隔で初期化する方法は以上です。

初期化後、Apple IDからも削除する場合

iPhoneを探すを使って初期化が完了した後、iPhoneを探すの画面には下のように「アカウントから削除」という項目が表示されます。

Apple IDはセキュリティーの観点から、初期化後に初期設定をしていると、サインインしていたApple IDとパスワードの入力を求められます。

ですが、パスコードロック中の端末を初期化後、誰かに譲渡する場合や、売却する場合は初期化後の端末からApple IDのアカウントを削除する必要があります。これを削除しておかないと、譲り受けた方や、売却後誰がが購入した際にApple IDとパスワードを求められ【アクティベーションロック】というセキュリティロックがかかります。

iPhoneを探すで初期化後も、同じApple IDで使用するのであればそのままでも大丈夫ですが、そうで無い場合はアカウントから削除しておきましょう。

アカウントから削除を押すと、「iPhoneを削除しますか?」という画面が表示されるので、【削除】を押して完了です。

これでパスコードロックも解除され、Apple IDも端末からサインアウトした状態になるので、誰かに譲渡したり、売却することもできるようになります。

今回のまとめ

今回は、パスコードロックがかかった端末を、別のiPhoneやiPadから「iPhoneを探す」を使って遠隔で初期化する方法をご紹介しました。

パスコードロックはご自身で設定した番号なので、忘れないのが一番ですが、どうしても忘れてしまった場合は今回の方法で初期化を試してみて下さい。

また、パソコンがある場合はこちらの方法でも初期化をすることができるので参考にされて下さい。

iPhoneをiTunesの復元やリカバリーモードで初期化する方法

 こちらもどうぞ

2019年7月21日パスコード関係初期化, パスコード関係

Posted by シマ