スポンサーリンク

MacやWindowsのiTunesを最新版にアップデートする方法まとめ

2019年7月21日iTunes関係iTunes関係

iPhoneやiPadなど、Apple製品をご利用中であれば、iTunesを使っている方も多いと思います。

iTunesはMacやWindowsなど、パソコンで使える無料のソフトです。このiTunesがあれば、iPhoneやiPadなどのデータをバックアップしたり、CDから音楽を入れることもできます。

しかし、iPhoneやiPadなどのソフトウェアバージョン(IOSバージョン)が12.0以上になると、iTunesを最新版にアップデートしないと同期してくれなくなるようです。

今までは何事もなく同期していたiTunesが急に同期してくれなくなるとビックリしますよね?

そこで今回は、MacやWindowsのiTunesを最新版にアップデートする方法まとめをご紹介します。

スポンサーリンク

iTunesを最新版にアップデートする

iTunesを使えるパソコンはMacやWindowsがありますが、それぞれのパソコンでiTunesを最新版にアップデートする方法が違います。

MacはMac OS Mojave(モハベ)以降であればMac OSのソフトウェアアップデートと同時にiTunesも最新版にアップデートされます。Mac OS Mojave以前の場合はApp Storeからアップデートができます。

WindowsでiTunesをご利用中の場合は、Windows10であればMicrosoft Storeから、Windows7や8をご利用中の場合はiTunesの「ヘルプメニュー」内にある「更新プログラムを確認」から最新版のiTunesにアップデートすることができます。

ここがポイント!
  • 【Mac OS Mojave以降】→Mac OSのソフトウェアアップデート
  • 【Mac OS Mojave以前】→App Storeからアップデート
  • 【Windows10】→Microsoft Storeからアップデート
  • 【Windows7、8】→「ヘルプメニュー」→「更新プログラムを確認」

MacのiTunesアップデートする方法

Mac OS Mojave以降のMacをご利用中の場合、iTunesのバージョンアップはOSのバージョンアップと同時じアップデートされます。

Mac OS Mojave以降のMacでiTunesのバージョンアップをする流れは次の通りです。

【リンゴマーク】→【このMacについて】→【ソフトウェア・アップデート】→【アップデート】

 

まずはMacの画面左上にある【リンゴマーク】を押し、【このMacについて】を選択します。

次に、概要の中にある【ソフトウェア・アップデート】を押します。

私のMacのソフトウェアは現在最新版なので、表示されていませんが、アップデートがある場合はこの画面で【アップデート】という項目が表示されます。

また、【Macを自動的に最新の状態に保つ】にレ点チェックを入れておくと、ソフトウェアアップデートあると自動的に最新版にアップデートしてくれます。

Mac OS Mojaveより以前のMacをご利用中の場合は、App StoreからiTunes12.8まではアップデートすることができます。

Appleの公式ページにも次のように記載されています。

macOS 10.14 Mojave にアップデートできない場合も、iTunes の一部のアップデート (iTunes 12.8 まで) は入手できる可能性があります。

引用:Apple公式ページ

Mac OS Mojave以前のMacをご利用中で、iTunesのバージョンをアップデートする流れは次の通りです。

【MacのApp Store】→【アップデート】

 

まずはMacの中にある【App Store】を開きます。

次に、App Store内の【アップデート】を選択し、iTunesのアップデートがある場合はここでアップデートします。

関連記事

Windows7のiTunesをアップデートする方法

Windows7でiTunesをご利用中の場合は、iTunesの「ヘルプメニュー」内にある「更新プログラムを確認」から最新版のiTunesにアップデートすることができます。

Windows7のiTunesをアップデートする流れは次の通りです。

  1. iTunes を開きます。
  2. iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから、【ヘルプメニュー】【更新プログラムを確認】の順に選択します。
  3. 画面の指示に従って、最新バージョンをインストールします。

 

【ヘルプメニュー】内に【更新プログラムを確認】が表示されない場合は、Microsoft Store から iTunes をダウンロードしています。

関連記事

Windows8のiTunesをアップデートする方法

Windows8でiTunesをご利用中の場合は、Windows7と同じくiTunesの「ヘルプメニュー」内にある「更新プログラムを確認」から最新版のiTunesにアップデートすることができます。

Windows8のiTunesをアップデートする流れは次の通りです。

  1. iTunes を開きます。
  2. iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから、【ヘルプメニュー】【更新プログラムを確認】の順に選択します。
  3. 画面の指示に従って、最新バージョンをインストールします。

 

【ヘルプメニュー】内に【更新プログラムを確認】が表示されない場合は、Microsoft Store から iTunes をダウンロードしています。

Windows10のiTunesをアップデートする方法

Windows10でiTunesをご利用中の場合は、Microsoft Storeから最新版のiTunesにアップデートすることができます。

Windows10のiTunesをアップデートする流れは次の通りです。

  1. 基本的には自動でアップデートされる。
  2. Microsoft Storeでアプリやゲームの更新がないかを確認する
  3. 画面の指示に従って、最新バージョンをインストールします。

Microsoft StoreからインストールしたiTunesは、基本的に自動で最新版にアップデートされます。自動アップデートをオフにしている場合は、下記リンクからMicrosoft StoreにiTunesのアップデートがないかを確認して下さい。

 

アップデートが無かった場合、念の為iTunesの【ヘルプ】メニューに【更新プログラムを確認】が表示されていないかを確認して下さい。もしも【更新プログラムを確認】が表示されていた場合、Microsoft Store ではなく、Appleの公式ページからインストールしたiTunesをご利用しています。

Appleの公式ページからiTunesををインストールしている場合、ご利用中のWindowsパソコンのバージョンは10ではなく、Windows7や8をご利用中です。

関連記事

今回のまとめ

今回はMacやWindowsのiTunesを最新版にアップデートする方法まとめをご紹介しました。

iPhoneやiPadが今までは何事もなく同期していたのに、急に同期しなくなった場合は今回ご紹介した方法でiTunesをアップデートしてみて下さい。

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iTunes関係iTunes関係

Posted by シマ