スポンサーリンク

【iPhone】iTunesでバックアップを作成する簡単な方法

2019年7月21日iTunes関係iPhone故障トラブル, データのバックアップ, iTunes関係

iPhoneのバックアップを作成したいけれど、iCloudの容量が少なくバックアップを作成できないことってありますよね。

「iCloudの容量が少なければ有料版にアップグレードしてバックアップを作成する」という方法もありますが、iPhoneのバックアップは他にも「iTunes」という物を使ってパソコンにバックアップを作成することもできます。

パソコンを使う場合は、パソコンの容量内でバックアップを作成しますので、iPhoneの容量以上にパソコンの容量の空きがあればバックアップを作成することができます。

というわけで今回は、iTunesでiPhoneの大事なデータをバックアップする簡単な方法をご紹介します。

合わせて読みたい

 

こんな人には参考になるかも

  • わ機種変更をするためにiPhoneのバックアップを作成したい人
  • iCloudの容量が少なく、iTunesにバックアップを作成したい人
  • iPhoneが故障する前にバックアップを作成しておきたい人

スポンサーリンク

iPhoneのデータをiTunesにバックアップする具体的な方法

iPhoneのデータをiTunesにバックアップする具体的な流れは次の通りです。

  1. パソコンでiTunesを起動
  2. iPhoneを純正の充電ケーブルでパソコンと接続する
  3. iTunesにiPhoneマークが表示されたらクリックする
  4. 「今すぐバックアップ」をクリックする

 

まずはバックアップを作成したいiPhoneと、バックアップを作成するためのパソコンが必要です。また、iPhoneのデータをパソコンに送信するために、Apple純正の充電ケーブルが必要となります。

iPhoneのバックアップデータをiTunesに作成する

Macをご利用中の場合、標準でiTunesがインストールされていますが、iPhoneの脳みそ「IOS12.0」からMacでバックアップを作成する場合、Macの脳みそ「Mac OS」も最新版にアップデートする必要があります。

アップデートをしていない場合は先にMac OSのアップデートから初めて下さい。

Windowsをご利用中の場合は、iTunesをインストール済みである必要があります。

インストール済みの場合は、iTunesのアップデートがないかを事前に確認して下さい。

合わせて読みたい

 

準備ができましたら、まずはパソコンでiTunesを起動します。

iPhoneとパソコンをApple純正の充電ケーブルで接続し、しばらく待つと下記の画像のようにパソコンのiTunesの画面にiPhoneマークが表示されます。

ここに注意!

iPhoneを初めてパソコンに接続した場合、iPhoneの画面上に「このパソコンを信頼しますか?」という表示が出ることがあります。もし表示された場合は「信頼する」をタップして下さい。

「信頼する」をタップしないといつまで待ってもiTunesと接続ができません。

 

パソコンのiTunesの画面上に表示されたiPhoneマークをクリックすると、下記の画像のようにiPhoneの詳細情報が表示されます。

ここで、左側項目の【概要】をクリックし、右側項目の【今すぐバックアップ】をクリックします。

また、iTunesでバックアップをする場合、通常のバックアップでは以下のデータはバックアップされません。

  • 保存したパスワード
  • Webサイトの履歴
  • Wi-Fi設定
  • ヘルスケアデータ

 

上記のデータも一緒にバックアップしたい場合は、iTunesバックアップの暗号化をする必要があります。

iTunesバックアップの暗号化は左側項目の【ローカルのバックアップを暗号化】にチェックを入れてから【今すぐバックアップ】をクリックして下さい。

合わせて読みたい

 

今回のまとめ

今回は、iTunesでiPhoneの大事なデータをバックアップする簡単な方法をご紹介しました。

iPhoneやiPadは電化製品なので急に壊れたりすることもあります。また、機種変更の時にもデータのバックアップは必要です。

いつ何があっても大丈夫なように日頃から大事なデータのバックアップは作成しておきましょう!

iTunesにバックアップを作成する場合は今回ご紹介した方法でバックアップを作成してみて下さい。

 こちらもどうぞ