スポンサーリンク

パソコンでiPhoneのソフトウェアアップデートする方法

2019年7月21日iTunes関係iPhoneの設定, iPhone故障トラブル, iTunes関係

Wi-FiでiPhoneのソフトウェアアップデートができず困っていませんか?

長い間iPhoneのソフトウェアアップデートしていない場合や、iPhoneの端末に空き容量がない場合はWi-Fiでアップデートができない場合があります。

そんな時はパソコンのiTunesを使ってアップデートをすることができますのでご安心下さい!

というわけで今回は、パソコンのiTunesを使ってiPhoneのソフトウェアアップデートをする方法をご紹介します。

こんな方には参考になるかも

  • Wi-Fiでソフトウェアアップデートができない方
  • Wi-Fiでアップデート時にエラーが表示される方
  • Wi-Fiでアップデート時に時間がかかる方

スポンサーリンク

パスコンでiPhoneのソフトウェアアップデートをする具体的な方法

パソコンのiTunesを使ってiPhoneのソフトウェアアップデートをする具体的な流れは次の通りです。

  1. パソコンのiTunesを最新バージョンへアップデートする
  2. iPhoneをパソコンにUSBで接続する
  3. iTunesを開いてデバイスを選択する
  4. 【概要】を押し、【アップデートを確認】を押す
  5. 【ダウンロードしてアップデート】を押す

 

実際にパソコンでiPhoneのソフトウェアアップデートをする

① まずはパソコンのiTunesを最新バージョンへアップデートします。

iTunesが最新版でないと、互換性の問題でiPhoneのソフトウェアアップデートができないことがあります。

ご利用のiTunesを最新バージョンへアップデートするには、【MacやWindowsのiTunesを最新版にアップデートする方法まとめ】で詳しくご紹介しています。

MacやWindowsのiTunesを最新版にアップデートする方法まとめ

② iTunesを最新バージョンへアップデートしましたら、iPhoneをパソコンにUSBで接続します。

iPhoneとパソコンを接続するUSBは、純正の充電ケーブルを使うことをおすすめします。

③ iPhoneをパソコンに接続すると、下記の画像のように接続したデバイス(端末)のマークが表示されます。

複数のデバイス(端末)を接続している場合は、ソフトウェアアップデートをしたいデバイス(端末)を選択して下さい。

画像出典:Apple公式ページ
画像出典:Apple公式ページ

【概要】を押し、【アップデートを確認】を押します。

【ダウンロードしてアップデート】をクリックします。

これでパソコンのiTunesを使ってiPhoneのソフトウェアアップデートが開始されます。この後パスコードを入力するよう求められる場合はパスコードを入力して下さい。パスコードが分からない場合は【パスコードロックを自力で解除する方法まとめ】を参考にして下さい。

【iPhone】パスコードロックを自力で解除する方法まとめ

今回のまとめ

今回は、パソコンのiTunesを使ってiPhoneのソフトウェアアップデートをする方法をご紹介しました。

iPhoneやiPadは定期的にソフトウェアアップデートをする必要があります。アップデートをすることで不具合などのトラブルを解消したり、アプリとの互換性を合わせたりすることができますので、出来るだけこまめにアップデートしましょう。

どうしてもWi-Fiでソフトウェアのアップデートができない場合は、今回ご紹介した方法でアップデートをやってみて下さい。

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iTunes関係iPhoneの設定, iPhone故障トラブル, iTunes関係

Posted by シマ