スポンサーリンク

【Mac】iCloudストレージを有料版にあげる方法

2019年7月21日iCloud関係データのバックアップ, iCloud関係

MacユーザーのほとんどがiPhoneユーザーだと思います。

MacユーザーはiPhoneのデータに関して、「iTunesに同期しているからiPhoneが突然故障しても大丈夫!」と言う方が多いのですが、もしiPhoneのデータをiTunesにバックアップしているMacが故障してしまったらどうしますか?

そんな時は大ビンチですよね?

そこで、私も実際にやっているのですが、iPhoneのデータに関してはiTunesバックアップよりもiCloudバックアップを優先した方が何かと便利です。

もちろん、iCloudバックアップよりもiTunesバックアップの方が優れている点もあるのですが、デバイスを持たない記憶媒体というのは本当に便利なので私はiCloudバックアップを第一優先だと考えています。

しかし、iCloudはApple IDを作成した時点で5G分の無料ストレージが使えますが、iPhone上の写真や動画などのデータが多い場合は有料版に上げないと全てのデータをバックアップすることができません。

そこで今回は、MacからiCloudストレージを有料版に上げる簡単な方法をご紹介します。

iPhoneからiCloudストレージを有料版に上げる方法はこちらで詳しくご紹介しています。

【iPhone】iCloudのストレージを有料版に上げる方法

こんな方には参考になるかも

  • iCloudにバックアップを作成したい方
  • 無料の5Gでは足りない方
  • 有料版へアップグレード方法が分からない方

スポンサーリンク

iCloudストレージを有料版に上げる具体的な方法

MacでiCloudストレージを有料版に上げる方法はとても簡単です。

しかし、iCloudストレージを有料版に上げる際にはApple IDのパスワードが必要になります。まずはご自身のApple IDのパスワードを確認しましょう。

Apple IDのパスワードを覚えている方は問題ないのですが、忘れてしまった方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

Apple IDのパスワード変更を自力でやる簡単な方法まとめ

iCloudストレージ有料版の支払い方法を確認しよう

iCloudストレージを有料版に上げると、毎月利用料金を請求されるのですが、引き落とし先をまずはどこにするかを決める必要があります。

支払い方法は以下の4通りです。

 iCloudストレージの支払い方法
  • iTunesやApple Storeカードを事前に購入しチャージしておく
  • 携帯キャリアの支払いと合算請求にする
  • クレジットカード支払いにする

iTunesやApple Storeカード払いの場合、事前にコンビニやネットでカードを購入し、チャージしておきます。

料金はチャージした残額から毎月引き落とされ、残高が足りない場合は事前に支払いに関するお知らせが来ます。

携帯キャリアの支払いと合算する場合、格安SIMの契約では合算支払いができません。日本の三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の契約をしている方で、携帯と合算支払いの設定をしている方はこちらを選ぶことができます。

クレジットカード払いはその名の通り、登録をしたクレジットカードから支払いをする方法です。デビットカードでも設定可能です。

次に、iCloudストレージ有料版の料金を確認しましょう。料金の一覧は以下表をご覧下さい。

iCloudストレージ 月額料金 ファミリー共有
5G 無料 ×
50G 月額130円 ×
200G 月額400円
2T 月額1,300円

支払い方法と、iCloudストレージ有料版をどれにするか決めましたら、実際に支払い方法を設定しましょう。

まずはMac画面の左上にある【リンゴマーク】を押し、【システム環境設定】を選択します、

次に、システム環境設定内にある【iCloud】を押します。

iCloudに入りましたら、【アカウントの詳細】を押します。

アカウントの詳細にある【支払】を選択し、現在の支払い方法になっている所の【詳細】を押します。

ここで、支払い方法の選択をします。

携帯キャリアと支払い合算請求にする場合は【キャリア決済】を、クレジットカード決済にする場合は【クレジット/デビットカード】を選択します。

iTunesやApple Storeカードから支払いをする場合は【なし】を選択します。

【なし】が表示されない場合、購入履歴の支払いが完了していない場合や、定期購読を何か契約している場合がほとんどです。

※因みに私も定期購読しているアプリがあるので【なし】が表示されませんでした。

 

 

支払い方法で【なし】を選択できない場合の対象法はこちらで詳しくご紹介しています。

iTunesやApple Storeの支払いで【なし】を選択できない場合の対処法

iCloudストレージを有料版に上げよう

支払い方法を設定したら、次は実際にiCloudストレージを有料版に上げましょう。

まずはiCloudの最初の画面まで戻ります。そして、右下にある【管理】を押します。

iCloudストレージ管理画面に入りましたら、【ストレージプランを変更】を押します。

現在のiCloudストレージプランと、有料版の料金などが表示されますので、どのプランにするか選択したら右下の【次へ】を押します。

次の画面で【Apple IDのパスワード】の入力を求められます。入力しましたら【購入する】を押すとプラン変更完了です。

これでMacからiCloudストレージを有料版に上げる方法は完了です。

今回のまとめ

今回は、MacからiCloudストレージを有料版に上げる簡単な方法をご紹介しました。

正直、iCloudストレージ50Gであれば毎月130円ですので、大事なデータが130円で守られると考えたら安い買い物だと思います。

いざという時のためにバックアップは大事です。特に写真や動画は戻ることのできない過去の資産です!消えてしまうと泣いても戻ってきません。

私もそうですが、バックアップを作成しておらず、データが全て消えてしまった経験がありますので、ぜひパソコンのiTunesだけではなく、iCloudにも定期的にバックアップを作成しておく事をおすすめます。

また、実際にiCloudにバックアップを作成する方法はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

【iPhone】iCloudでバックアップを作成する簡単な方法

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iCloud関係データのバックアップ, iCloud関係

Posted by シマ