スポンサーリンク

【Mac】ウインドウを簡単に閉じてDockに隠す方法

2019年7月21日Macの設定Macの設定

Macのデスクトップ上で作業をしているといつの間にか複数のウインドウが開いたままになる事ってありませんか?

メールやフォルダ、Safariなど複数のアプリを同時に使っているとMacの画面がお祭り騒ぎになって大変ですよね。

多くのアプリケーションを同時に使っているとウインドウもその分開くので、正直ごちゃごちゃし過ぎて画面が見辛い上に、作業効率も下がります。

毎回「×ボタン」で閉じても良いのですが、使う時には最初から開かなければいけないし困りものですよね?

そんな時は一時的にウインドウを閉じ「Dock(ドック)」の中に隠しておくのが一番です!「Dock」に隠しておけば、また使う時にアプリを再起動する必要がなく、直前まで使っていた作業の途中から再び使う事ができます。

というわけで今回は、Macのウインドウを簡単に閉じて一時的に「Dock」に隠す方法をご紹介します。

合わせて読みたい

 

こんな人には参考になるかも

  • Macの画面上で複数のウインドウを使う人
  • 少しでも作業効率を上げたい方

スポンサーリンク

MacのウインドウをDockに隠すとは

Macのウインドウとは、名前の通り「窓」という意味です。

画像ファイルやSafariなどのアプリケーションを開くと、1つ1つが窓として開くのでウインドウと言います。

 

「ウインドウをDockに隠す」とは、ウインドウの左上にある黄色いマークをクリックすると、Macの画面下にある「Dock」と呼ばれる場所に吸い込まれ、一時的に隠した状態になります。

 

ウインドウが「Dock」に隠れると、このように小さなサムネイルとして表示されます。

通常は上記のやり方でウインドウを「Dock」に隠すのですが、もう少し簡単な方法でウインドウを「Dock」に隠す方法があります。

その方法は、ウインドウのタイトルバーをダブルクリックして「Dock」に隠す方法です。

 

タイトルバーをダブルクリックでDockに隠す

ウインドウを通常通り「Dock」に隠すなら、ウインドウ画面の左上にある黄色いボタンをクリックするだけなのですが、もう1つの方法である「ウインドウのタイトルバーをダブルクリックしてDockに隠す方法」について見ていきましょう。

 

因みに、タイトルバーの場所は、ウインドウ画面上部にあるグレーの帯状の所です。

safariの場合は上記画像の矢印がある帯の所がタイトルバーです。

ウインドウのタイトルバーをダブルクリックしてDockに隠すためには、環境設定からDockの設定を変更する必要があります。

 

①、Macの画面左上にある【リンゴマーク】をクリックします。

 

②、リンゴマークをクリックすると出てくる【システム環境設定】を選択します。

 

③、システム環境設定内の【Dock】を選択します。

 

④、Dockの設定画面に入りましたら、「ウインドウタイトルバーのダブルクリックで」という項目にレ点チェックを入れて、右側のタブを【しまう】に変更して下さい。

設定はこれで完了です。次は実際にウインドウのタイトルバーをダブルクリックしてDockに隠れるかを見てみましょう。

 

ウインドウがDockに隠れるか確認する

「ウインドウのタイトルバーをダブルクリックでDockに隠す設定」が終わりましたら、実際にウインドウのタイトルバーをダブルクリックしてDockに隠れるか確認してみましょう。

やり方は簡単で、ウインドウのタイトルバーをダブルクリックするだけです。

 

⑤、ウインドウ上部のタイトルバーを【ダブルクリック】する。

 

⑥、タイトルバーをダブルクリックをすると、「Dock」に吸い込まれて行きます。

また使う場合は、「Dock」に隠したアプリケーションをダブルクリックすると、直前まで使っていた状態でウインドウが再表示されます。

この方法だとウインドウ画面左上にある「黄色いボタン」を押すよりも出し入れが早く、Macのデスクトップ画面もスッキリします。

 

ウインドウの範囲と注意点

ここまでは「ウインドウのタイトルバーをダブルクリックでDockに隠す方法」をご紹介しました。

しかし、ここで終わりではありません!

実は勘違いしやすいのですが、「ウインドウ」というのは範囲と注意点があり、これからご説明する内容を知らないと、タイトルバーをダブルクリックしても「Dock」に隠す事ができません!

 

ウインドウの範囲は上記画像の通り、Macのデスクトップ画面の端から端までです。

 

このMacのデスクトップ画面上に複数のアプリを起動している状態がウインドウを開いている状態です。

 

ウインドウの画面左上には上記画像のように「赤黄緑」のボタンが並んでおり、ウインドウのタイトルバーをダブルクリックで「Dock」に隠せるのは左側の状態「赤黄緑」がクリック可能な状態の時だけです。

緑のボタンをクリックして「フルスクリーン」にしている状態では「黄色のボタン」をクリックできず、タイトルバーをダブルクリックしても「Dock」に隠す事ができません。

私も最初は「なぜダブルクリックでDockに隠せないんだ?」と思いましたが、Macのシステム上こうなっているのでどうしようもありませんでした。

この記事を読んで、「あれ?なんか上手くいかないな・・・」と思った時は、ウインドウが「フルスクリーン」になっていないかを確認して下さい。

今回ご紹介した「ウインドウのタイトルバーをダブルクリックでDockに隠す方法」と合わせて、Dockを表示にする方法もご紹介しています。

詳しくは下記の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

合わせて読みたい

 

今回のまとめ

今回は、Macのウインドウを簡単に閉じて一時的に「Dock」に隠す方法をご紹介しました。

普段Macを使っていると、メールやフォルダ、Safariなどのアプリケーションを同時に使う事もあります。

ですが、アプリケーションのウインドウが増えすぎると画面が見辛くなるので、使わないアプリケーションは「Dock」に隠して一時的に閉じておきましょう。

 こちらもどうぞ

2019年7月21日Macの設定Macの設定

Posted by シマ