スポンサーリンク

【iPhone】iCloudから昔のバックアップデータを削除する方法

iCloud関係iCloud関係

iPhoneのバックアップを作成しよとして、iCloudストレージが足りない事ってありますよね?

後少しだけiCloudのストレージがあればバックアップを作成できるけれど、iCloudストレージを今以上に有料版にしたくはないし・・・

そんな時はiCloudから昔のバックアップデータを削除することで少しだけストレージ容量を増やせるかもしれません!

そこで今回は、iCloudから昔のバックアップデータを削除する方法をご紹介します。

こんな人には参考になるかも

  • 昔の端末のバックアップデータを消したい人
  • 少しでもiCloudストレージの容量を空けたい人
  • 今以上にiCloudストレージを有料版に上げたくない人

スポンサーリンク

iCloudのから昔のバックアップデータを削除する具体的な方法

iCloudから昔のバックアップデータを削除する方法はいくつかありますが、一番簡単なのがiCloudにサインインしているiPhoneやiPadなどの端末から削除する方法です。

実際にiCloudから昔のバックアップデータを削除する流れは次の通り

【設定】→【ユーザー名(あなたの名前)】→【iCloud】→【ストレージを管理】→【バックアップ】→【削除する端末】→【バックアップを削除】

iCloudから昔のバックアップデータを実際に削除する

まずはiPhoneやiPadの【設定】を開きます。

次に、設定の一番上にある【ユーザー名(あなたの名前)】をタップし、【iCloud】項目をタップします。

iCloudに入り、【ストレージを管理】をタップします。

次に、ストレージ管理にある【バックアップ】項目をタップします。

バックアップにある昔のバックアップデータや、消したいバックアップデータ【削除する端末】を選択します。

削除する端末に間違いがなければ、【バックアップを削除】をタップします。

これでiCloudから昔のバックアップデータや、必要ないバックアップデータを削除することができます。

今回のまとめ

今回は、iCloudから昔のバックアップデータを削除する方法をご紹介しました。

iPhoneやiPadは機種変更後昔のバックアップデータが必要なくなるものです。iCloudストレージが足りない時は昔のバックアップデータを削除して、少しでもストレージに空きを作ってみてください。

 こちらもどうぞ

iCloud関係iCloud関係

Posted by シマ