スポンサーリンク

【Mac】離れたファイルを同時に選択する方法

2019年7月16日Macの設定Macの設定

メールで資料を送る時や、複数のファイルをSDカードやUSBメモリーに移動する時など、ファイルを1つ1つ選択するのって本当に面倒ですよね。

しかも、ファイルが隣同士なら「ドラッグ」して範囲選択できるので良いのですが、ファイル同士が離れている場合は範囲選択ができないので1つ1つファイルをメールに添付したりしていると作業効率も悪く本当に面倒です。

そんな時はMacのキーボードを使ったショートカットキーを使うのが便利です。

今回使うショートカットキーは、【command】+【選択】を使うのですが、これがまた非常に便利なショートカットキーなので、今回ご紹介する方法で作業効率が少しだけ上がると思います。

というわけで今回は、作業効率をちょっとだ良くなる、離れがファイルを同時に選択する方法についてご紹介します。

合わせて読みたい

 

こんな人には参考になるかも

  • 飛び飛びのファイルを同時に選択したい人
  • 作業効率を少しでも上げ、Macを快適に使いたい人

スポンサーリンク

【command】+【選択】ってどんな機能?

ショートカットキー【command】+【選択】とはどんな機能なのか、簡潔にご説明すると、複数の離れたファイルなどを飛び飛びで選択することができる機能です。

この機能を使うと、最終的には下の写真のように離れたファイルを同時選択できるようになります。

因みにこのショートカットキーは、1つ目を選択し、2つ目はフォルダーが入っているファイルを変更しても同時に選択してくれるので、複数のファイルをメールに添付したり、飛び飛びになっている複数のファイルを選択しSDカードやUSBメモリーなどに移動するときなどにも重宝します。

 

【command+選択】を実際に使ってみよう!

では、実際に【command】+【選択】を使ってみましょう!

「百聞は一見に如かず!」と言いますので、ここからは画像付きで具体的に解説していきます。

普通にファイルを選択すると、下記画像のように【ドラッグ&ドロップ】という作業になるので隣り合ったファイルを順番に選択してしまいます。

これだと余計なファイルまで選択してしまいます。そこで次は【command】+【選択】の出番です。

 

①、まずは飛び飛びで選択したいファイルを1つ選択します。

 

②、1つ目のファイルを選択しましたら、ここでMacのキーボード【command】を押しながら、2つ目の離れたファイルを選択します。

これで離れたファイルを同時に選択することができました。

あとは今まで通りメールに添付して送信したり、SDカードやUSBメモリーなどに移動することができます。

 

今回のまとめ

今回は、作業効率をちょっとだ良くなる、離れがファイルを同時に選択する方法についてご紹介しました。

今回ご紹介した【command】+【選択】は、メールにファイルを添付して送信する場合や、フォルダー内のファイルをいくつか別のフォルダーに移したり、SDカードやUSBメモリーに移動する時などにとても重宝します。

私も普段から活用しているので、まだMacに慣れていない人や、少しでも作業効率を上げたい人には活躍する機会の多いオススメのショートカットキーです。

Macを少しでも効率よく使いたい人は、今回ご紹介したショートカットキー以外にも、オススメの記事がありますので下記の記事も合わせて読んでみてください、

合わせて読みたい

 

 こちらもどうぞ

2019年7月16日Macの設定Macの設定

Posted by シマ