スポンサーリンク

iPhoneやiPadをBluetooth(ブルートゥース)に接続する方法

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定

最近は音楽を聴く時にワイヤレスイヤホンやBluetooth(ブルートゥース)スピーカーを使うのが当たり前の時代になりました。

AndroidからiPhoneに乗り換えた人や、初めてスマホを使う人は一つ一つの設定や操作方法に慣れるまで時間がかかりますよね。

その中でもWi-FiやBluetoothはiPhoneを使う上で重要な設定の一つです。

Wi-Fiを使えるようになると、Youtube(ユーチューブ)などで動画が見放題になりますし、Bluetoothを使えるようになりますと、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴いたり、Bluetooth接続ができる車などで、手放しで通話をすることもできます。

というわけで今回は、iPhoneやiPadをBluetoothに接続する方法をご紹介します。

合わせて読みたい

 

こんな人には参考になるかも

  • iPhoneやiPadの操作にまだ慣れていない人
  • Bluetooth接続の方法を知りたい人

スポンサーリンク

Bluetoothとは何かを簡単に説明

Bluetoothとは、テレビとリモコンで例えると分かりやすいのですが、リモコンをiPhone、テレビをワイヤレスイヤホン( Bluetooth対応イヤホン)だと想像してください。

リモコンからは見えない電波信号が飛び出して、テレビがその情報を受信します。

この仕組みと同じ原理で、iPhoneから音楽のデータを電波信号で送信し、それを受信したワイヤレスイヤホンが音楽を再生するという仕組みです。

便利なのが、「ワイヤレス」というところです。今までは音楽を再生するiPhoneの本体に、有線でイヤホンを接続して音楽を聞いていたものが、Bluetoothだとワイヤレス(線を繋がない状態)で音楽の情報を送信し、ワイヤレスイヤホンがその情報を元に音楽を再生することができます。

また、Bluetoothは音楽だけではなく画像や動画、WardやExcelなどで作成した資料も送信することができます。

iPhoneやiPadでBluetoothを接続する

Bluetoothについての簡単な説明は上記でご紹介しましたが、では実際にiPhoneでBluetoothに接続する方法について見ていきましょう。

今回は「Sound Core mini」という私が持っているワイヤレススピーカーに接続していきます。

①、まずはホーム画面から【設定】をタップします。

②、設定内にある【Bluetooth】をタップします。

③、Bluetooth設定の画面に入りましたら、一番上にある【Bluetooth】を白色から緑色に変更します。

※緑がオン/白がオフ

Bluetoothをオンにした後、ワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホンの電源をオンにし、Bluetooth受信ができる状態にします。

ワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホンがBluetoothを受信できる状態になると、iPhoneの画面に接続しようとしているワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホンの名前が表示されますのでタップします。

④、接続したいワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホンに接続ができると、iPhoneの画面上に「接続済み」が表示されます。

注意点

※「接続済み」が表示される前にBluetooth接続のパスワードを求められる場合は、接続しようとしている機器(ワイヤレススピーカーなど)の説明書に接続パスワードが記載されていますので入力してください。

 

iPhoneやiPadのホーム画面からBluetoothを接続する

Bluetoothの接続設定を完了したワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホンは、次回からの接続が簡単になります。

iPhoneはWi-FiやBluetoothの接続設定をすると、ネットワーク情報として自動的に記憶してくれます。

そのため、次回からの接続は自動的に記憶した情報を使い接続をしてくれるというわけです。

では早速、Bluetooth接続を完了した機器を再接続する時に、iPhoneやiPadのホーム画面から接続する方法を見ていきましょう。

iPhone8までの端末の場合

iPhone8までの端末をご利用中の場合、ホーム画面の下部から画面を持ち上げるように上にスライドします。

スライドすると、「コントロールパネル」が表示されますので、【Bluetoothマーク】をタップしてBluetoothのオン/オフを切り替えます。

オンの状態にすると、Bluetooth接続設定を完了した機器と自動的に繋がります。

※「Bluetoothマーク」が青色の状態がオンで、白色の状態がオフです。

iPhoneX以降の端末の場合

iPhoneX以降の端末をご利用中の場合、ホーム画面の右上にあるバッテリーの表示あたりから下にゆっくりとスライドします。

スライドすると、「コントロールパネル」が表示されますので、【Bluetoothマーク】をタップしてBluetoothのオン/オフを切り替えます。

オンの状態にすると、Bluetooth接続設定を完了した機器と自動的に繋がります。

※「Bluetoothマーク」が青色の状態がオンで、白色の状態がオフです。 

iPhoneにBluetoothが繋がったか確認する

ホーム画面から「コントロールパネル」を使いBluetooth接続をしましたら、iPhoneの「ウィジェット」項目で念の為しっかりと繋がっているかを確認します。

まずはホーム画面を一番左まで移動し、【バッテリー】という項目を確認します。

ここで、接続したBluetooth機器の名前が表示されていれば接続ができている証拠になります。

※「バッテリー」項目が表示されていない場合は、【編集】をタップし、バッテリー項目を追加してください。

今回のまとめ

今回は、iPhoneやiPadをBluetoothに接続する方法をご紹介しました。

Bluetoothはとても便利な機能です。これからもBluetooth機器はたくさん世の中に出てきますので、ワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホンを購入した時は今回ご紹介した方法で Bluetoothの接続をしてみてください。

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定, iPadの設定

Posted by シマ