スポンサーリンク

【iPhone】iTunesバックアップデータを暗号化する方法

2019年7月21日iTunes関係データのバックアップ, iTunes関係

iTunesバックアップには【暗号化】というものがあります。

通常のiTunesバックアップよりも、暗号化する事で多くのデータをバックアップする事ができます。

より多くのデータをバックアップしておきたい方は、iTunesのバックアップを暗号化しておく事をおすすめします。

というわけで今回は、iTunesのバックアップデータを暗号化する方法をご紹介します。

【iPhone】iTunesでバックアップを作成する簡単な方法

こんな方には参考になるかも

  • iTunesでバックアップしたい方
  • iTunesでバックアップを暗号化したい方
  • アプリやヘルスケアのデータもバックアップしたい方

スポンサーリンク

iPhoneのiTunesバックアップを暗号化する具体的な方法

iTunesを起動し、バックアップを作成したいiPhoneを接続すると、下の画像のような画面が表示されます。

ここで、【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。

iTunesバックアップを暗号化すると、通常のiTunesバックアップでは対象にならない以下の情報もバックアップできます。

 暗号化で追加バックアップになる項目
  • 保存したパスワード
  • Wi-Fi 設定
  • Web サイトの履歴
  • ヘルスケアデータ

iPhoneをバックアップを暗号化にチェックを入れましたら、【今すぐバックアップ】を押します。

画像引用元:Apple公式ページ

次に、iTunesのバックアップを暗号化するためのパスワードを設定します。

このパスワードはデータを復元する際に必要になりますので必ずメモしておきましょう。

iTunesの暗号化パスワードを忘れてしまった場合はこちらで詳しくご紹介していますので参考にされて下さい。

【iPhone】iTunesの暗号化パスワードを忘れた時の対処法

画像引用元:Apple公式ページ

バックアップが完了しましたら、念のためバックアップがしっかりと作成されているかを確認しましょう。以下の手順でバックアップデータを確認できます。

【Windowsの場合】

iTunesウインドウの上部にあるメニューバーから【編集】>【環境設定】>【デバイス】と押していくと、バックアップデータが表示されます。

 

【Macの場合】

コンピューターの画面上部にあるメニューバーから【iTunes】>【環境設定】>【デバイス】と押して行くとバックアップデータが表示されます。

 

画像引用元:Apple公式ページ

バックアップデータを確認できましたら、iTunesバックアップの暗号化は完了です!

今回のまとめ

今回は、iTunesのバックアップデータを暗号化する方法をご紹介しました。

【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れて、暗号化ようのパスワードを設定するだけですが、たったこれだけでより多くのデータをバックアップできるようになります。

また、暗号化用のパスワードを忘れた場合の対処法もご紹介していますので、ぜひ参考にされて下さい。

【iPhone】iTunesの暗号化パスワードを忘れた時の対処法

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iTunes関係データのバックアップ, iTunes関係

Posted by シマ