スポンサーリンク

MacからApple IDのパスワードを変更する方法

2019年7月21日Apple ID関係Apple ID関係

Apple IDのパスワードを忘れて困っていませんか?

どうしてもパスワードを忘れてしまった場合はいくつか変更方法があるのですが、一番リスクが少なく一番簡単なのが、iPhoneやMacのデバイス(端末)からApple IDのパスワード変更を試す方法です。

なぜこの方法が一番リスクが少なく、一番簡単なのかというと、Apple IDのパスワードを覚えていなくても、デバイスに登録しているパスコードや暗証番号を入力するだけでApple IDのパスワード変更ができるからです。

ただし、デバイスからパスコードや暗証番号でApple IDのパスワード変更ができるのは、Apple IDのセキュリティを【2ファクタ認証】にしている方限定です。

というわけで今回は、MacからApple IDのパスワード変更をする方法についてご紹介します。

Apple IDのパスワード変更を自力でやる簡単な方法まとめ

こんな方には参考になるかも

  • Apple IDのパスワードを忘れた方
  • 自力でApple IDのパスワードを変更したい方
  • 今後Apple IDを忘れた時のために変更方法を知っておきたい方

スポンサーリンク

MacからApple IDのパスワード変更をする実際の方法

冒頭でもご説明しましたが、MacからApple IDのパスワード変更ができるのはApple IDのセキュリティを【2ファクタ認証】にしている方限定です。

なぜかというと、2ファクタ認証にしている場合はパスコードや暗証番号でApple IDのパスワードを変更する事ができるからです。

2ファクタ認証にしていない場合は、今回ご紹介する方法でApple IDのパスワード変更を変更しようとすると、現在設定しているApple IDのパスワードを聞かれてしまうので意味がありません。

分からないから変更しようとしてるのに何やねん!w

と思わず笑ってしまいそうな現象がおきます。

ご自身のApple IDのセキュリティ種類を確認したい方はこちらの記事をご覧下さい。

【Mac】Apple IDのセキュリティ種類を確認する方法

では、前置きが長くなりましたが、早速具体的な変更方法を見ていきましょう。

まずは、画面左上にある【リンゴマーク】を押します。

リンゴマークを押すとコンテキストメニューが表示されますので、【システム環境設定】を押します。

システム環境設定内にある【iCloud】を選択します。

iCloudを開くと、下の画像の部分に表示されている【アカウントの詳細】を押します。

アカウント詳細を押すしたら、【セキュリティ】を選択します。

セキュリティ内にある【パスワード変更】を押します。

ここで、Macを起動した時に入力する【暗証番号】を入れます。

基本的にユーザー名は自動で入力されているはずですが、もし入力されていない場合は【Macのユーザー名】を入力し、右下の【OK】を押します。

ユーザー名と暗証番号に間違いがなければ、下の画像のように新しいApple IDのパスワード変更ができるようになります。

後は【新しいApple IDのパスワード】を入力し、右下の【変更】を押せば完了です!

Apple IDのパスワードは、大文字が最低でも1つ、小文字が最低でも1つ、数字が入った合計8文字以上で作る必要があります。

また、過去一年以内に作ったパスワードは使用できませんので、入力して弾かれた場合は他のパスワードを設定して下さい。

 

このように、Mac本体からApple IDのパスワード変更をする場合は暗証番号を入力すれば簡単に変更する事ができます。

そもそも暗証番号が分からなければMacを起動できないので、2ファクタ認証の方は絶対に変更ができるという事です!

今回のまとめ

今回は、MacからApple IDのパスワード変更をする方法についてご紹介しました。

Apple IDとパスワードは、2つで1セットです!基本的に忘れて良いものではありません。

しかし、どうしても忘れてしまった場合は今回ご紹介した方法を試してみて下さい。どうしても今回の方法でApple IDのパスワード変更ができなかった場合は、こちらの記事も参考にされてみて下さい。

Apple IDのパスワード変更を自力でやる簡単な方法まとめ

 こちらもどうぞ

2019年7月21日Apple ID関係Apple ID関係

Posted by シマ