スポンサーリンク

【iPhone】6からの初期設定方法を分かりやすくまとめてみた

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定

前回、iPhone5sまでの初期設定方法をご紹介しました。

iPhone6からは、Touch ID(指紋認証)が新たに追加され、初期設定方法が若干変わりました。

ということで今回は、iPhone6から先のシリーズで初期設定方法を分かりやすくまとめてみましのたでご紹介します。

【iPhone】5sまでの初期設定方法を分かりやすくまとめてみた

こんな方には参考になるかも

  • iPhone6以降のシリーズを使っていて初期設定方法が分からない方
  • iPhoneの初期設定が久しぶりなので不安な方
  • これから初期化をした後、初期設定をするので念のため初期設定方法を見直したい方

スポンサーリンク

iPhone6からの具体的な初期設定方法

まずは、「こんにちは」という画面が出ますので、画面下の【ホームボタン】を押します。

続いて、iPhoneをご利用する【国(地域)】を選択します。

画像引用元:Apple公式ページ

次に、【クイックスタート】の画面が表示されます。

クイックスタートは、今回初期設定するiPhoneとは別のデバイスがある場合、同じ設定、同じ内容で初期設定をすることができるシステムです。

このクイックスタートを使うには、別のデバイスがIOS11以上を搭載している必要があります。

クイックスタートを使用しない場合は、【手動で設定】を押します。

画像引用元:Apple公式ページ

次に、Wi-Fiネットワークを設定する画面が表示されます。

Wi-Fiが近くにない場合は、携帯キャリアのSIMカードを挿入していれば【モバイルデータ通信回線】を選択してアクティベートする事ができます。

画像引用元:Apple公式ページ

【Touch ID(指紋認証)】を設定する場合は【続ける】を押して設定します。

Touch IDを設定しない場合は後から設定する事もできますので、【Touch IDを後で設定】を押します。

その後、パスコードを作成する画面が表示されます。

パスコードは、標準では6桁の設定になっていますが、【パスコードオプション】を押すと、4桁に設定や、パスコードを使用しないという項目を選ぶ事もできます。

画像引用元:Apple公式ページ

次に【Appとデータ】という画面が表示されます。

ここは非常に大事な項目で、iTunesやiCloudにバックアップデータがある場合はここからデータを復元する事ができます。

もしもバックアップデータがない場合や、新たにApple IDを作成する場合は【新しいiPhoneとして設定】を押します。

画像引用元:Apple公式ページ

Apple IDを入力する画面が表示されましたら、現在使っているApple IDとパスワードを入力するか、新たにApple IDを作成する場合は【Apple IDをお持ちでないか忘れた場合】を押します。

画像引用元:Apple公式ページ

次に、Siriの設定画面が表示されます。ここまでくればゴールまで後一歩です!

Siriは、音声入力をしたり、音声でWeb検索をしたりするものです。音声入力を使う場合は【続ける】を押します。

Siriは後から設定する事もできますので、後から設定する場合は【設定で後で設定】を押します。

画像引用元:Apple公式ページ

App解析は、Appleの品質向上を目的としたもので、不具合などがあった際にAppデベロッパへ解析情報を共有するものです。

共有する場合は【Appデベロッパと共有】を、共有しない場合は【共有しない】を押します。

画像引用元:Apple公式ページ

この後は、【さあ!はじめよう!】を押すと通常のホーム画面になりますのでiPhoneを使えるようになります。

今回のまとめ

今回は、iPhone6から先のシリーズで初期設定方法を分かりやすいまとめをご紹介しました。

普段iPhoneの初期設定をする機会は少ないので、この記事が役立てれば幸いです。

今回ご紹介した初期設定方法以外にも、iPhoneの便利な使い方や設定などもご紹介していますので、ぜひ他の記事も参考にされて下さい。

 こちらもどうぞ

2019年7月21日iPhoneの設定iPhoneの設定

Posted by シマ