スポンサーリンク

【iPhone】iTunesで復元(初期化)する方法

iPhoneの故障トラブルiPhone故障トラブル, 初期化

iPhoneやiPadが変な挙動をしたり、フリーズして動かなくなったりすると本当に困りますよね。

もちろん故障している可能性もあるのですが、状況によってはIOSというiPhoneの脳みそに何か異常がある場合もあります。

そんな時はパソコンのiTunesを使って復元(初期化)すると通常通り使えるようになることがあります。

そこで今回は、iPhoneやiPadをiTunesで復元(初期化)する方法についてご紹介します。

こんな人には参考になるかも

  • iPhoneの調子が悪く、一回初期化したい人
  • 通常の初期化では不具合が改善しなかった人
  • iPhone側から初期化できなかった人

スポンサーリンク

iPhoneをiTunesで復元と通常の初期化の違い

iPhoneやiPadをiTunesで復元(初期化)する方法と、通常の初期化の違いですが、同じように考えている人も多いと思いますが実は違います。

通常の初期化は文字通り初期状態にすることです。しかし、パソコンのiTunesを使って復元(初期化)する方法は、iPhoneのIOSという脳みそごと捨てて、新たに脳みそを入れ直すという初期化です。

通常の初期化よりパソコンを使って復元する方がより綺麗に初期化できるというわけです。

また、IOSという脳みそを新たに入れ替えることにより、IOSの不具合やバグなども一緒に書き換えられるのでiPhoneやiPadの挙動がおかしい場合や、フリーズするといった不具合が改善する可能性があります。

iPhoneやiPadを復元するには2通りの方法がありますので、現在の状況に応じてやり方が違います。

必要なもの
  • パソコン(Windows、Mac)
  • iTunes(インストール済みであること)
  • Apple純正の充電ケーブル
  • 不具合の起きているiPhoneやiPad

iPhoneやiPadを復元するために必要なものは上記に記載しているものです。

パソコンはWindowsでもMacでもどちらでも構いません。パソコンにiTunesをダウンロードしていない場合は事前にインストールして下さい。

合わせて読みたい

iPhoneが操作できる場合の復元方法

iPhoneの操作が可能な場合、まずはパソコンでiTunesを起動し、Apple純正のUSBケーブルでパソコンとiPhoneを接続します。

接続後、iPhoneをホーム画面で待機すると、パソコンのiTunes側にiPhoneのマークが表示されます。

この時、iPhoneの画面にこのパソコンを「信頼しますか?」という項目が表示された場合は【信頼する】をタップして下さい。

パソコンのiTunesに表示されたiPhoneマークをクリックすると、下記の画像のようが画面が表示されます。

赤枠で囲ってある所に【iPhoneを復元】という項目がありますので、クリックします。

【iPhoneを復元】をクリック後、iPhoneの紛失した時の機能で「iPhoneを探す」という機能がオンになっている場合は下記の画像のような警告が出ることがあります。

この場合、まずは「iPhoneを探す」をオフにして下さい。

iPhoneを探すをオフにする

iPhoneを探すをオフにする必要がある場合、iPhoneの設定画面からオフにすることができます。

①iPhoneの【設定】をタップします。

②設定画面一番上にある【ユーザー名(ご自身の名前)】をタップします。

③ユーザー項目が表示されましたら【iCloud】をタップします。

④iCloud項目にある【iPhoneを探す】をタップします。

⑤ここでiPhoneを探すがオン(緑色)になっていましたら、オフ(白色)に切り替えて下さい。

⑥iPhoneを探すをオフにする場合、サインインしているApple IDのパスワードを入力する必要があります。

パスワードをお忘れの場合は【Apple IDのパスワード変更を自力でやる簡単な方法まとめ】を参考にして下さい。

iPhoneを探すをオフにした後

無事にiPhoneを探すをオフにすることができましたら、もう一度パソコンのiTunes側で【iPhoneを復元】をクリックします。

下記の画像のように復元前のバックアップを作成するか聞かれますので、念の為【バックアップ】をクリックし、作成しておきましょう。

バックアップ作成後、【復元とアップデート】という項目が表示されますので、クリックします。

これでiPhoneの復元が始まります。

iPhoneが操作できない場合や復元に失敗する場合の復元方法

iPhoneが操作できる場合の復元方法は先ほどご紹介しましたが、iPhoneがフリーズなどで操作できない場合や、「上記のやり方で復元してみたけれど何度やっても失敗する」なんてことも珍しくはありません。

そもそもIOSに不具合やバグがある場合は、通常の脳みそではないので復元プログラムすら噛み合わず復元に失敗することなんてよくあります。

ですが、そんな状況でも安心して下さい。リカバリーモードというやり方で強制的に復元する方法があります。

リカバリーモードでiPhoneを強制的に復元する

リカバリーモードとはiPhoneを下記の画像のような画面にするモードのことです。

フリーズしているiPhoneでもこの画面にすることができれば強制的に復元をすることがきます。

iPhone端末の種類によってリカバリーモードへの切り替え方法が異なりますので、下記のやり方を見て、ご利用端末のリカバリー画面の出し方を確認して下さい。

画像出典:Apple公式ページ
端末ごとのリカバリーモード

リカバリーモードへの切り替えは下記の方法で行いますが、最後の電源ボタン長押し後、iPhoneが再起動のためリンゴマークが表示されたり、画面が暗くなることもあります。それでも手を離さずに長押しを続けるとリカバリーモードの画面が表示されます。

【iPhoneの場合】

  • iPhone6sまで>電源ボタンとホームボタンを同時に長押し
  • iPhone7>電源ボタンと音量の下げるボタンを同時に長押し
  • iPhone8以降>音量の上げるを押してすぐに離す、音量の下げるを押してすぐに離す、最後に電源ボタンを長押し

【iPadの場合】

  • ホームボタンがある場合>電源ボタンとホームボタンを同時に長押し
  • ホームボタンがない場合>音量の上げるを押してすぐに離す、音量の下げるを押してすぐに離す、最後に電源ボタンを長押し

 

リカバリーモードへの切り替えが成功すると、パソコンのiTunesに下記の画像のような警告が表示されます。

この警告が表示されらた、【復元】をクリックします。

「工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?」という警告が次に表示されましたら【復元とアップデート】をクリックします。

あとはiPhoneの復元が始まりますので、終わるまで待つだけです。

万が一この方法でも復元に失敗する場合は、近くのApple Store(アップルストア)か、カメラのキタムラやビッグカメラなどの正規代理店で復元してもらうか、Appleサポートに電話してサポートを頼みましょう。

今回のまとめ

今回は、iPhoneやiPadをiTunesで復元(初期化)する方法についてご紹介しました。

iPhoneやiPadも電化製品ですので挙動がおかしくなることも珍しくはありません。

iPhoneがフリーズしたり、挙動がおかしいなどのトラブルの時は、今回ご紹介した方法で復元を試してみて下さい。

また、復元をするとIOSという脳みそごと綺麗に初期化されますので、事前にバックアップを作成しておくことをおすすめします。

iPhoneやiPadのバックアップ方法についてはこちらも参考になると思いますので、ぜひ参考にして下さい。

合わせて読みたい

 

 こちらもどうぞ