スポンサーリンク

【Mac】iCloudから昔のiPhoneデータを削除する方法

iCloud関係iCloud関係, データのバックアップ

Macユーザーであれば、iPhoneやiPadも使っている方が多いと思います。

そして、iPhoneやiPadのバックアップはiTunesやiCloudを使っているはずです。しかし、iPhoneを機種変更してデータも移し終えたら古い端末のバックアップデータは不要ですよね?

そこで今回は、MacからiCloudに入っている昔のiPhoneバックアップデータを削除する方法をご紹介します。

こんな方には参考になるかも

  • iCloudストレージが残り少ない方
  • 機種変更などして端末を変えた方
  • iCloudストレージから昔のiPhoneバックアップを削除したい方

スポンサーリンク

MacからiCloudにある昔のiPhoneデータを削除する具体的な方法

MacからiCloudにある昔のiPhoneバックアップデータを削除する具体的な流れは次の通りです。

【リンゴマーク】→【システム環境設定】→【iCloud】→【管理】→【バックアップ】→【削除する端末選択】→【削除】

iCloudから昔のiPhoneデータを実際に削除する

まずはMacの画面左上にある【リンゴマーク】を押し、【システム環境設定】を選択します。

次に、【iCloud】を押します。

iCloudに入ると、下記の画像のようなページが表示されますので、【管理】を押します。

管理ページで【バックアップ】を選択し、【削除する端末】を選択します。

最後に【削除】を押します。

削除に対する警告が表示されますので、内容に問題なければ【削除】をもう一度押します。

これでMacからiCloudに入っているiPhoneバックアップデータを削除することができます。

今回のまとめ

今回は、MacからiCloudに入っている昔のiPhoneバックアップデータを削除する方法をご紹介しました。

iPhoneやiPadは消耗品なので、機種変更などで数年に一回は必ず変えるはずです。

昔の端末のバックアップデータをそのままにしていると、iCloudストレージを圧迫してしまい不要な情報として蓄積されます。

iCloudストレージが少ない方や、端末を変えた場合は今回の方法でiCloudから昔のiPhoneバックアップデータを削除してみて下さい。

 こちらもどうぞ