スポンサーリンク

iPhoneのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける方法

iCloud関係, iPhoneの設定iCloud関係, iPhoneの設定, データのバックアップ

iCloudストレージ容量が不足していると、バックアップが作成できません。いざという時のために便利なのがiCloudバックアップですが、「バックアップ作成にあと少しだけ容量が足りない!」という経験をされた方も多いと思います。

あと少しだけのためにiCloudストレージのプランをアップグレードするのも考えものですよね?

そんな時は、昔の使わなくなったiPhoneやiPadのバックアップデータを削除しiCloudの容量不足を解消しましょう!

ということで今回は、iPhoneのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける方法をご紹介します。

iPhoneアプリのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける方法はこちらで詳しくご紹介しています。

こんな方には参考になるかも

  • iCloudバックアップ容量が足りない方
  • 昔使っていたiPhoneのバックアップデータを削除したい方
  • バックアップ容量があと少しだけ必要な方

スポンサーリンク

iPhoneのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける具体的な方法

iPhoneのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける具体的な方法は、iPhoneの設定からiCloudバックアップを削除していきます。

iPhoneバックアップを削除してiCloudの容量を空ける流れは下記の通りです。

【設定】→【ユーザー名(あなたの名前)】→【iCloud】→【ストレージを管理】→【バックアップ】→【削除する端末のバックアップ】→【バックアップを削除】→【オフにして削除】

 

上記の流れでiPhoneのバックアップデータをiCloudから削除していきます。

iPhoneのバックアップデータをiCloudから削除する

まずはホーム画面(待ち受け画面)から【設定】をタップします。

設定に入りましたら、画面一番上にある【ユーザー名(あなたの名前)】をタップします。

次に、【iCloud】をタップします。

iCloudに入りましたら、【ストレージを管理】をタップします。

ストレージを管理に入ると、【バックアップ】をタップします。

バックアップデータの中から、【削除する端末のバックアップ】を選択します。

【バックアップを削除】をタップし、最後に【オフにして削除】をタップします。

これでiPhoneのバックアップデータをiCloudから削除することができます。

今回のまとめ

今回は、iPhoneのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける方法をご紹介しました。

iCloudの容量が足りなくて、少しでも容量を空けたい場合は今回の方法を試してみて下さい。

また、iPhoneのバックアップデータから、アプリのバックアップデータのみを削除する方法はこちらで詳しくご紹介しています。

 こちらもどうぞ