スポンサーリンク

iPhoneアプリのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける方法

iCloud関係, iPhoneの設定iCloud関係, iPhoneの設定

iCloudバックアップって便利ですよね!

Wi-Fi環境さえあればデータの保存と復元が簡単にできるので、私はパソコンを使うiTunesバックアップよりもWi-Fiを使うiCloudバックアップを使う事が多いです。

ただ、iCloudバックアップの難点は、必要ないアプリまでバックアップをしてしまうので、必要以上にiCloudストレージを使ってしまうというところです。

正直、もう使っていないゲームアプリや、必要ないアプリまでバックアップをする必要性はないですよね?

新しいiPhoneやiPadにデータを移すなら最低限のデータで良いと考える人も多いと思います。

そこで今回は、iPhoneアプリのバックアップを削除して、iCloudストレージの容量を空ける方法をご紹介します。

こんな方には参考になるかも

  • バックアップデータから必要ないアプリのデータを削除したい方
  • これから新しいiPhone端末にデータを移す予定の方

スポンサーリンク

iPhoneアプリのバックアップを削除してiCloudの容量を空ける具体的な方法

まず最初にご理解して頂きたいのが、iCloudバックアップは、iPhone内にあるアプリを一度全てバックアップしてしまうという事です。

なので、バックアップ後、バックアップしたデータの中から必要ないアプリのバックアップデータを削除する必要があります。

事前にバックアップを作成しておいて下さい。今回ご紹介する内容は、バックアップ作成後のお話です。

バックアップをまだ作成していない場合は、こちらの記事でバックアップ方法を分かりやすくご紹介しています。

iPhoneアプリのバックアップデータを削除して、iCloudの容量を空ける具体的な流れは次の通りです。

具体的な流れ

【設定】→【ユーザー名(ご自身の名前)】→【iCloud】→【ストレージを管理】→【バックアップ】→【バックアップ端末】→【必要ないアプリをオフ】→【オフにして削除】

まずは【設定】に入り、一番上にある【ユーザー名(ご自身の名前)】をタップします。

次に、【iCloud】という項目をタップします。

iCloudに入ると、【ストレージを管理】という項目がありますのでタップします。

次に、【バックアップ】をタップします。

バックアップ項目で、該当の【バックアップ端末】をタップします。

バックアップされたアプリが表示されますので、【必要ないアプリをオフ】にします。

オフにすると、「(該当のアプリ名)をオフにして、iCloudからバックアップデータを削除しますか?」と聞かれますので、【オフにして削除】をタップします。

これで、バックアップデータから必要ないアプリのバックアップデータが削除されます。

今回のまとめ

今回は、iPhoneアプリのバックアップを削除して、iCloudストレージの容量を空ける方法をご紹介しました。

これから新しいiPhoneに機種変更する方や、不必要なアプリのバックアップをしたくない方は是非試してみて下さい。

また、バックアップをまだ作成していない場合はこちらの記事を参考にバックアップを作成してみて下さい。

 こちらもどうぞ