スポンサーリンク

【iPhone】iCloudのストレージを有料版に上げる方法

2018年11月26日iCloud関係iCloud関係, データのバックアップ

機種変更や故障の時には、事前にバックアップを作成しておくと安心です。

しかし、パソコンを持っていない方だと、バックアップはiCloudに作成するしか方法がありません。iCloudバックアップはWi-Fi環境さえあればいつでも作れますし、バックアップからの復元も簡単です。

iCloudはApple IDを作成すると5G分が無料で付いてきますが、もちろん5Gでは電話帳と少しの写真や動画しかバックアップが作成できません。そこで今回は、iCloudのストレージを有料版に上がる方法についてご紹介していきます。

iCloudで実際にバックアップを作成する方法についてはこちらで詳しくご紹介しています。

こんな方には参考になるかも

  • iCloudにバックアップを作成したい方
  • 無料の5Gでは足りない方
  • 有料版へアップグレード方法が分からない方

スポンサーリンク

iCloudストレージを有料版に上げる具体的な方法

iCloudストレージを無料版から有料版へアップグレードするために、まずはiPhoneや iPadなどデバイス(端末)にどれくらいデータが入っているのかを確認し、有料版のグレードはどれくらい上げる必要があるのかを確認する必要があります。

また、iCloudストレージ有料版の料金をどのように支払うのか、支払い設定をする必要もあります。

まずはiPhoneや iPadにどれくらいデータが入っているのかを確認し、支払い方法の設定をしましょう。

iPhoneにどれくらいデータがあるのかを確認する

iPhoneや iPadの中にどれくらいデータがあるのかを確認する方法は以下の通りです。

【設定】>【一般】>【iPhoneストレージ】と順番に押します。

 

ここでiPhoneの中に、何のデータがどれくらい入っているかを確認する事ができます。

画像引用元:Apple公式ページ

iCloudストレージ有料版の支払い方法を設定する

iCloudストレージ有料版の支払い方法を設定する以下の通りです

【設定】>【ユーザー名(設定の一番上にあるご自身の名前)】>【iTunesとApp Store】の順に押していきます。

次に、【Apple ID】>【Apple IDを表示】を押し、Apple IDのパスワードを入力します。

Apple IDのパスワードを入力し、アカウント設定に入りましたら、【お支払い情報】を押します。

 

ここでまで行くと、下の画像のようなページに辿り着きます。

画像引用元:Apple公式ページ

iCloudストレージ有料版の支払い方法は3パターンあります。

 iCloudストレージの支払い方法
  • クレジットカード支払い
  • 携帯キャリア決済
  • なし(iTunesカード決済)

支払い方法は上記の3パターンあり、クレジットカード払い、携帯キャリア決済、なし(iTunesカード決済)を選ぶ事ができます。

クレジットカード払いは、その名の通りクレジットカードを登録し、毎月定期的に料金を支払う方法です。

携帯キャリア決済は、ご利用の携帯キャリアの料金と一緒に引き落としする方法です。ただし、格安SIMをご利用の場合は携帯キャリア決済に対応していない場合がありますので、必ず確認しましょう。

なし(iTunesカード決済)は、コンビニなどで販売されているiTunesカードを事前に購入し、その残高から毎月料金を支払う方法です。

例えば、1500円分のiTunesカードを買った場合、iCloudストレージ有料版50Gだと毎月130円なので、11ヶ月は支払う事ができます。

上記のような3パターンの支払い方法がありますので、ご自身に合った支払い方法を選択して下さい。

ご自身に合った支払い方法を選択したら、クレジットカードの情報や、携帯キャリア決済の電話番号、請求先氏名や住所を入力し、右上の【完了】を押せばiCloudストレージ有料版の支払い設定は完了です。

iCloudストレージを有料版にアップグレードする

iPhoneや iPad内のデータ量の確認と、iCloudストレージ有料版の支払い方法を設定ができましたらiCloudストレージを有料版にアップグレードする準備は完了です!

因みに、iCloudストレージ有料版の金額は下記の通りです。

iCloudストレージ 月額料金 ファミリー共有
5G 無料 ×
50G 月額130円 ×
200G 月額400円
2T 月額1,300円

では、ここからは実際にiCloudストレージを有料版にアップグレードする方法を見ていきましょう!

まずは【設定】のApp(アプリケーション)を押します。

 

設定を押しましたら、設定画面の一番上にある【ユーザー名(設定の一番上にあるご自身の名前)】を押します。

 

ユーザー名を押すと、下の画像のページが表示されますので、【iCloud】を押します。

 

次は、iCloudページの中にある【ストレージを管理】を押します。

 

【ストレージプランを変更】を押します。

 

先ほど確認したiPhoneや iPad内のデータ量でも対応できるプランを選択し、右上の【購入する】を押します。

 

iCloudストレージを有料版にアップグレードする方法は以上です。

今回のまとめ

今回は、iCloudのストレージを有料版に上がる方法についてご紹介しました。

パソコンを持っていない方は大事なデータを守るためにiCloud有料版でバックアップを作成しておくと、いざという時に役立つと思います。

私は心配性なので、パソコンを使ってiTunesバックアップを作成するだけではなく、iCloudも有料版にアップグレードしてバックアップを作成しています。データがなくなって後から泣く目に合うくらいなら、毎月少しだけお金を使ってデータを守ったほうがいいと思います。

今回はiPhoneや iPadからiCloudストレージを有料版にアップグレードする方法をご紹介しましたが、MacからiCloudストレージを有料版にアップグレードする方法もありますので、ぜひ参考にされて下さい。

 こちらもどうぞ

2018年11月26日iCloud関係iCloud関係, データのバックアップ

Posted by 嫁の奴隷