スポンサーリンク

Apple IDアカウントページからApple IDのパスワード変更をする方法

2018年9月10日Apple ID関係Apple ID関係

Apple IDのパスワードが分からなくなった時って焦りますよね?

私の友人もApple IDのパスワードが分からなくなり、泣きながら助けを求めて来た事があります。

いや、そもそもApple IDのパスワードを忘れる方が難しいのでは?と私は思ってしまうのですが、普段あまり使わない方だと忘れてしまう事もあるようですね。

というわけで、今回はApple IDアカウントページからApple IDのパスワード変更をする方法をご紹介します。

こんな方には参考になるかも

  • Apple IDのパスワードを忘れた方
  • 自力でApple IDのパスワードを変更したい方
  • 今後Apple IDを忘れた時のために変更方法を知っておきたい方

スポンサーリンク

Apple IDアカウントページからApple IDのパスワードを変更する

まずはインターネットのWebブラウザを開きましょう!

私はMacしか持っていないのでMacの【Safari】からApple ID管理ページへ入りますが、Windowsでも大丈夫です。

Windowsをご利用の方は、いつもご利用されているWebブラウザを起動して下さい。

Webブラウザを開きましたら、検索欄または、URL検索欄に【Apple ID】と入力し検索しましょう。

検索結果に、【Apple ID – Appleサポート 公式サイト】が表示されるので、クリックします。

検索で見つからない場合は、https://support.apple.com/ja-jp/apple-idここを直接クリックでも入れます。

公式サイトに入ると、下の画像のページが表示されます。(時期によって画像が変わっている場合があります。)

この画面にある【Apple IDのアカウントページ】へ入ります。

どうしてもApple IDアカウントページが見当たらない場合は、https://appleid.apple.com/ここを直接クリックでも入れます。

Apple IDアカウントページへ入ると、下の画像のページが表示されます。(時期によって画像が変わっている場合があります。)

このページにある、【Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?】をクリックします。

次に、Apple IDを入力する画面が表示されるので、【Apple IDを入力】し、【次へ】を押します。

Apple IDが間違いなければ、リセットする種類を選択する画面が表示されます。

今回はApple IDのパスワードを変更したいので、【パスワードリセット】を選択し、【続ける】を押します。

もしこの段階で電話番号の確認を求められた場合は、後ほどご紹介する「電話番号の確認を求められた場合」をご覧下さい。

次に、パスワードのリセット方法で、【メールを受け取る】または【セキュリティ質問に答える】を選択する画面が表示されます。

メールは設定しているApple IDに送られるのですが、アドレスを変更する前の携帯キャリアのメール(ドコモメール、auメール、ソフトバンクメール)をApple IDとして設定している場合はメールが届きません。

メールを受け取る事ができない場合は、【セキュリティ質問に答える】を選択し、【続ける】を押します。

セキュリティ質問を選択した場合、最初にご自身の【生年月日】を求められるので、入力したら【次へ】を押します。

【生年月日】を入力したら、次はApple IDを最初に作成した時に、ご自身で設定していたセキュリティ質問と、その答えを入力し【続ける】を押します。

私の友人は、「こんな質問私が作った覚えがない!」と言っていました。でもよく考えて下さい、このセキュリティ質問を設定しないとApple IDは作れないのです。

今、Apple IDがあるという事はご自身で作ったという事です。勘違いしないで下さい、Appleが勝手に作ったわけではありません。

くどいようですが、セキュリティ質問は「Apple IDを作った時にご自身で作った質問と答え」です。

【セキュリティ質問】の答えが間違いない場合は、新しいApple IDのパスワードを作る画面が表示されます。

ここまで来たらゴールしたも同然!後は【新しいApple IDのパスワード】を設定して、【パスワードリセット】を押すと完了です!

Apple IDのパスワードは、大文字が最低でも1つ、小文字が最低でも1つ、数字が入った合計8文字以上で作る必要があります。

また、過去一年以内に作ったパスワードは使用できませんので、入力して弾かれた場合は他のパスワードを設定して下さい。

 

Apple IDアカウントページからApple IDのパスワード変更をする方法は以上です。

パスワードリセットの【メールを受け取る】または【セキュリティ質問に答える】が表示されず、【電話番号の確認】を求められた場合は下記の内容に沿ってApple IDのパスワード変更を試してみて下さい

電話番号の確認を求められた場合

電話番号の確認を求められた場合は、まず表示されている電話番号の下二桁に心当たりがあるかを確認して下さい。

通常はいつも使っているiPhoneの電話番号が表示されるはずです。黒丸で隠れているので最後の二桁しか表示されませんが、ご自身の電話番号であれば心当たりがあるはずです。

【心当たりのある電話番号】を入力し、【続ける】を押します。

ここで、パスワード変更をしようとしているApple IDでログインしているデバイス(端末)が表示されます。

ここに表示されているデバイス全てにパスワードリセットの通知が届きます。通知が届いたら、後は通知の案内に沿ってApple IDのパスワードを変更知れば完了です!

iPhone一台しか持っていない方で、紛失や盗難などの理由で手元にない場合や、画面が壊れて操作ができないなど、デバイスにアクセスできない場合は、画面下の【デバイスにアクセスできませんか?】を押します。

デバイスにアクセスできない場合の対処法が表示されるのですが、分かりやすく簡潔に内容をお伝えすると、

デバイスがないなら他の人のiPhoneを使うか、ショップへ行くか、新しいデバイスを買って(機種変更してデバイスを手に入れて)からもう一度試して下さい!

という内容です。とはいえ、そんな急に言われても、どうしようもない事だってありますよね?

そんな時は、画面下の【他のiOSデバイスにアクセスできない場合】を押して下さい。

【他のiOSデバイスにアクセスできない場合】を選択すると、Apple側で本人確認ができればパスワードリセットができるという内容のページへ誘導されます。

ただし、パスワードのリセットには数日〜数週間かかる事があるので、この方法でパスワードリセットをするのは最終手段です。

パスワードリセットができない間、通常通り使えている方は良いかもしれませんが、初期設定画面でアクティベーションロックがかかっている方には絶望的に長い時間お待たせする事になります。

それでも良い方は【このまま続ける】を押して下さい。

後は、Appleから連絡が来るのを待つだけです。

本人確認でパスワードをリセットする方法は最終手段です!今すぐパスワード変更をしたい方にはイライラすると思いますが、そもそも忘れて良いものではありません。

Apple IDとパスワードは2つで1セットです。忘れてしまった事を棚に上げてAppleに文句を言ったところで何も解決しません。

無事にApple IDのパスワードを変更する事ができたなら、次回からは忘れないようにしっかりとメモを取っておきましょう!

今回のまとめ

今回はApple IDアカウントページからApple IDのパスワード変更をする方法をご紹介しました。

Apple IDは、IDとパスワード2つで1セットです。基本的に忘れて良いものではありません。

しかし、どうしても忘れてしまう事だってあります。そんな時は今回の記事以外にもApple IDのパスワード変更する方法をご紹介していますので、ぜひこちらの記事も参考にされて下さい

 こちらもどうぞ

2018年9月10日Apple ID関係Apple ID関係

Posted by 嫁の奴隷