スポンサーリンク

【Mac】AppCleanerを使って関連ファイルごと消去する裏技

2018年9月5日Macの設定Macの設定

不必要なアプリケーションを消去しても関連ファイルが残っている事はありませんか?

そんな時は【AppCleaner】を使うと簡単に関連ファイルごと消す事ができます。管理人もMac使い始めの頃はゴミ箱に入れる方法で消去していましたが、今になって関連ファイルが山程残っている事に気づき、もはや何のファイルなのかも分からない状態でした。

意外と同じような方も多いと思いますので、早い段階で【AppCleaner】をダウンロードしておく事をおすすめします!

こんな方には参考になるかも

  • アプリケーションの関連ファイルも一掃したい方
  • 関連ファイルがどれか分からなくなる方
  • 便利な裏技を知り誰かに自慢したい方

スポンサーリンク

AppCleanerのダウンロード方法と使い方

まずは【AppCleaner】をダウンロードします。

【AppCleaner】は無料でダウンロードできるフリーソフトです。下のURLからダウンロードができます。

http://freemacsoft.net/appcleaner/

実際のダウンロード方法と使い方は下記の通りです。

①、まずはダウンロードサイトに入り、最新版をダウンロードします。

②、ダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダーに【AppCleaner】が表示されます。

③、今後【AppCleaner】をよく使いそうな方は【Dock】へドラッグ&ドロップで移動しておくと便利です。

④、実際に消去したいアプリケーションがある場合、【AppCleaner】を開いてドラッグ&ドロップで消去する事ができます。

AppCleanerで関連ファイルも消去する方法

関連ファイルも一緒に消去する場合は、少し設定をする必要があります。

設定方法は簡単なので見ていきましょう。

⑤、関連ファイルも一緒に消去する場合は、左上の【AppCleaner】内にある【Preferences(環境設定)】を押します。

⑥、【SmartDelete】を選択し、その下にあるバーを【ON】にするだけです。

これで関連ファイルも一緒に消去する事ができるようになります。

超絶簡単な方法ですが、確実に関連ファイルも一掃してくれるのでダウンロードしておいて損はないと思います!

今回のまとめ

今回は、消去するアプリケーションの関連ファイルも同時に一掃してくれるフリーソフト【AppCleaner】についてご紹介しました。

ちょっとした事ですが、知っておくと少しだけMacを便利に使えますね!

今回ご紹介した裏技以外にも、Macには沢山の裏技がありますので、他の記事もぜひ参考にされて下さい。

 こちらもどうぞ

2018年9月5日Macの設定Macの設定

Posted by 嫁の奴隷