スポンサーリンク

【Mac】ファイルを開くと同時にFinderを閉じる超簡単な裏技

2018年9月4日Macの設定Macの設定

Finderからファイルを選択後、ファイルを閉じてもFinderが開いたままになっていませんか?

気にしない方は良いかもしれませんが、管理人としてはFinderが開いたままだとデスクトップ上がごちゃごちゃするし、場所も取るので気になってしまうのです。きっと同じような気持ちの方もいらっしゃる・・・きっといるはず!!

という事で今回は、Finderからファイルを選んで開くと同時にFinderを閉じる超簡単な方法をご紹介します。

こんな方には参考になるかも

  • デスクトップをスッキリ使いたい方
  • Finderを毎回閉じるのが面倒な方
  • 便利な裏技を知り誰かに自慢したい方

スポンサーリンク

【option+ダブルクリック】でFinderを閉じる!

通常ファイルを探して開く場合、【Finder】というアイコンからファイルを探します。

次に、目的のファイルを見つけたら【ダブルクリック】で開くのが通常のやり方です。

しかし、目的のファイルを開いても、その後ろにはFinderが開いたままになっています。

このFinderをファイルを開くと同時に閉じたい!というのが今回の目標です。

結論から話しますと、ファイルを開く際に【option+ダブルクリック】をすると、ファイルが開くと同時にFinderが閉じるようになっています。

実際に【option+ダブルクリック】を使ってみよう!

では実際にファイルを開くと同時にFinderを閉じる方法を見ていきましょう。

やり方は超簡単なので、今日からでも試して見て下さい。

①、まずはFinderから目的のファイルを見つけます。そして、【option+ダブルクリック】を押してファイルを開きます。

②、【option+ダブルクリック】でファイルを開くと、ファイルだけが開き、通常だとファイルの後ろに表示されるFinderは自動的に閉じてくれます。

こんなに簡単な方法ですが、デスクトップがスッキリし、効率よく作業することができます!

今回のまとめ

今回は、Finderからファイルを開くと同時にFinderを閉じる方法についてご紹介しました。

本当にちょっとしたことですが、デスクトップをスッキリした状態で使えるので、デスクトップ内をごちゃごちゃするのが嫌な方には重宝する裏技ではないでしょうか?

ユーザーの事を考え尽くされたAppleだからこそ作られた機能だと思います。この記事の他にもちょっとした裏技は沢山ありますので、ぜひ他の記事も参考にされて下さい。

 こちらもどうぞ

2018年9月4日Macの設定Macの設定

Posted by 嫁の奴隷