スポンサーリンク

【Mac】ファイルの保存先をデスクトップへ変更するちょっとした裏技

2018年9月4日Macの設定Macの設定

Macを使っていると、画像や書類など、ダウンロードしたファイルはデフォルトで「ダウンロードフォルダー」に入ります。

これからよく使う書類などはデスクトップへ移動している方も多いのではないでしょうか?しかし、毎回「ダウンロードフォルダー」から「デスクトップ」へ移動するのは面倒ですよね。

そこで今回は、画像や書類をダウンロード時に簡単に保存先を「ダウンロード」に変更する裏技をご紹介します。

こんな方には参考になるかも

  • Macでの作業効率を上げたい方
  • ダウンロード時に手動でダウンロード先を変えるのが面倒くさい方
  • ちょっとしたテクニックを知って誰かに自慢したい方

スポンサーリンク

保存する時はショートカットキーを使おう!

Macを使っている方はご存知かもしれませんが、Macには数え切れないほどのショートカットキーがあります。

ショートカットキーとは、簡単に説明すると、通常の手順を踏まなくても予め決められたキーボードのボタンを組み合わせる事で行動をショートカットしてくれるコマンドの事です。

今回ご紹介するのは、画像や資料などをダウンロードする時に、ダウンロードファイルを「デスクトップ」に保存する簡単なショートカットキーです。因みに使うショートカットキーのコマンドは【command +d】を使います。

具体的にどのように使うのかを見てみましょう。

【command +d】を使ってみよう!

では、実際にどういう場面で使うのか、分かりやすく写真付きで解説していきます。

まずは下の写真をご覧下さい

①、まずはダウンロードしたい画像を右クリックします。
※今回は画像の保存方法でご紹介しています

②、【イメージを別名で保存】を押します。

③、保存タブが出てきます

④、この画面がでたら【command+d】を押すとダウンロード先が「ダウンロード」から「デスクトップ」へ変わります。

今回のまとめ

保存先を「ダウンロードフォルダー」から「デスクトップ」へ簡単に切り替えるショートカットキーは以上です。

とっても簡単で、ちょっとした裏技ですが、知っていると少しだけ作業効率も上がります。痒いところに手が届く、ちょっとしたことですがMacは本当にユーザーが使いやすいようにできていますね。

他にもちょっとした裏技が沢山ありますのでぜひ他の記事も参考にされて下さい。

 こちらもどうぞ

2018年9月4日Macの設定Macの設定

Posted by 嫁の奴隷